水軍を使用した俳句

水軍に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

水軍を含む俳句例

水軍の裔の家紋や初節句/楠本節子

葭切や阿波水軍の砦あと/一宮千枝

酸橘熟る阿波水軍の砦跡/安藤衛門

あめんぼの風の水軍背き背く/的野雄

水軍に焼かるる城や雁の秋/飯田蛇笏

水軍の入江にあまた牡蛎筏/紙野康美

水軍の古墳見て来て雛の酒/巌谷小波

水軍の寺にて拾ふ蘇鉄の実/内藤英子

水軍の島やなだるる除虫菊/川口未来

水軍の島より蜜柑船出づる/坂本孝子

水軍の島万緑に盛りあがり/西村旅翠

水軍の裔の代掻く離れ島/三谷喜与史

水軍の裔の見付けし寄鯨/倉富あきを

水軍旗立つ後裔の船遊び/太田万壽子

浦祭伊予水軍の太鼓打つ/池内けい吾

紅葉酒九鬼水軍の裔と酌む/岸本砂郷

草笛や水軍の墓みな小さし/友岡子郷

金雀枝を挿頭に水軍島の女/伊丹公子

阿波水軍砲台跡の返り花/福島せいぎ

鷹待つや九鬼水軍の砦あと/太田/暁

俳句例:21句目~

ミモザ咲く町水軍列伝漂うて/伊丹公子

新松子水軍のみちひた照りに/友岡子郷

水軍の島に狼煙となるどんど/松村和喜

水軍の血筋うすまり簗番す/石川倭久子

水軍の裔を守れりほんだはら/梶原宇良

水軍の島紫雲英咲き菜の花咲き/大橋敦子

烏賊釣火熊野水軍かも知れぬ/鈴木久仁江

蝉声と陽が凝るだけの水軍基地/伊丹公子

野分来る九鬼水軍の波白め/野見山ひふみ

水軍の裔の速櫓や雲の峰/渡部抱朴子「地籟」

水軍といるときひとりいるときを書き/阿部完市

タイトルとURLをコピーしました