喜ぶ/よろこぶを使用した俳句

喜ぶ/よろこぶに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

喜ぶ/よろこぶを含む俳句例

水させば硯喜ぶ翁草/村山古郷

芭蕉忌の水をよろこぶ鳥獣/原裕

咽喉仏よろこぶ鹹き春疾風/原裕

雑炊をよろこぶ我は戦中派/森田峠

羅を風がよろこぶ水の際/飯村愛子

よき家や雀よろこぶ背戸の粟/芭蕉

蜜蜂の喜ぶ余り針一本/中村草田男

低くして母のよろこぶ蓬山/齋藤玄

初雪や雀よろこぶ手水鉢/正岡子規

吹き降りを喜ぶさまに葉鶏頭/筒井誠

僧の子の僧を喜ぶ十夜かな/村上鬼城

ぢぢばばは雨を喜ぶ常楽会/辻田克巳

せなの子の足で喜ぶ花吹雪/藤本かつ

強東風に襁褓よろこぶ日本海/秋沢猛

雀祝ひ鼠よろこぶや今年米/正岡子規

額入りの喜ぶ顔を運びけり/宮崎二健

露まみれ喜ぶ野性蓮は弾く/香西照雄

雪沓の喜ぶ雪の深さあり/後藤比奈夫

秋曉の舌が喜ぶ末期の水/小松崎爽青

颱風をよろこぶ子等と籠りゐる/篠原

俳句例:21句目~

朝より雪よろこぶに齢なし/石川桂郎

枯木中なにに喜ぶ婆ならん/二木汀骨

河豚汁はよろこぶ人を殺しけり/曲翠

庭花火足で喜ぶ背中の児/山崎たつよ

小判草風に喜ぶことをする/原田青児

土ほつて喜ぶ子供雪とけぬ/高木晴子

竜安寺蜥蜴よろこぶ石の上/浅場英彦

足音をよろこぶ水や水草生ふ/行方克巳

あやめ草茶師のよろこぶ節句かな/木枝

颱風をよろこぶ血あり我がうちに/篠原

天高しポプラは並ぶこと喜ぶ/納漠の夢

首夏の濤嬰児ぴんぴん喜ぶよ/辻田克巳

浴衣着を愛染さんの喜ぶ日/後藤比奈失

無花果を喜ぶほどの貧しき膳/山口誓子

白玉や子等の喜ぶことをせむ/西村和子

雪喜ぶ犬や坂では首打ち込み/香西照雄

上げ汐をよろこぶ鯊も鯊釣も/右城暮石

休戦をよろこぶ神父クリスマス/森田峠

初風やこむらよろこぶ道の上/岡井省二

台風をよろこぶ心吹かれおり/和田悟朗

俳句例:41句目~

寒明や味噌をよろこぶ蒟蒻も/藤田湘子

教会をよろこぶ避暑の旅路かな/森田峠

春日とは馬のよろこぶ馬の影/松山足羽

晴着姿を織機よろこぶ織初め/但馬美作

暗がりをよろこぶ塊や魂祭り/柿本多映

浅漬の茶飯よろこぶ老医かな/吉田孤羊

白雨をよろこぶ能登の箒ぐさ/高橋睦郎

藁を打つ狐/狸のよろこぶ音/今瀬剛一

背の子の象をよろこぶ涅槃変/大石悦子

薪割ればよろこぶ犬や日短/大峯あきら

○呉れて共によろこぶ夜学かな/依田穂積

いつせいに影のよろこぶ桑解かれ/檜紀代

草の芽や痩せてよろこぶ四十妻/清水基吉

風知草よろこぶ風をよろこびぬ/宮下翠舟

人の声よろこぶ墓に椿挿す/野見山ひふみ

山の雨くればよろこぶ紫苑かな/宮岡計次

海風の吹けばよろこぶ新樹かな/上島顕司

聲立てて火の粉よろこぶ初野分/高橋睦郎

みどり児は足でよろこぶ蝶の昼/辻本孝子

学級閉鎖喜ぶ吾子も春の風邪/稲畑廣太郎

俳句例:61句目~

小春日の畳よろこぶ素足かな/宇多喜代子

水かけて蚯蚓よろこぶ展墓かな/岸本尚毅

豆飯をよろこぶ母をよろこびぬ/西片幸子

山人は客をよろこぶ夏炉かな/松本たかし

鐘鳴れば雀よろこぶ朝ぐもり/稲垣きくの

雀来てよろこぶ葡萄枯れたるを/西村公鳳

草餅をよろこぶ夫の亡かりけり/西村良子

みどり児のよろこぶ手足天瓜粉/加藤宗一

ときをりの日矢をよろこぶ紅葉山/仙田洋子

豆飯をよろこぶことをよろこびぬ/勝又一透

背のびして骨のよろこぶ葛の花/伊丹三樹彦

頬すりて出来をよろこぶ新糸瓜/百合山羽公

月さして松はよろこぶ木となりぬ/金田咲子

若子ありよろこぶ炉火を手捕らんと/上村占

山を出て山に入る日を蜂よろこぶ/高柳重信

天恵の日和よろこぶ藺を植うる/目野六丘子

雪の夜のほとけよろこぶ朱塗椀/神尾久美子

荒鵙をよろこぶ血汐かくし得ず/山田みづえ

てのひらを木の実よろこぶ常陸かな/牧辰夫

まぐはひは神ぞよろこぶ朱欒かな/岡井省二

俳句例:81句目~

しんがりをよろこぶ家鴨なり暖か/秋元不死男

ビヤガーデン妻のよろこぶ何もなし/右城暮石

すだれ掛けて妻もよろこぶ客とあり/森川暁水

記紀の山よろこぶごとくふぶきけり/仙田洋子

よろこぶを見よやはつねの玉はゝ木/服部嵐雪

頭を振りて竹はよろこぶ朝の雷/鍵和田ゆう子

背負ふ子の足がよろこぶ大とんど/薄木千代子

雨を喜ぶ木や石や木の枝はうごく/荻原井泉水

羽後でよろこぶ雨の田の面をとびとび/阿部完市

土筆野やよろこぶ母に摘みあます/長谷川かな女

ころがるをよろこぶ零余子ころがしぬ/岩井英雅

かぼちや咲き眼立て爪立て蟹よろこぶ/西東三鬼

灼け石積んで島が高いと海女よろこぶ/加倉井秋を

源の方より朝日鮎よろこぶ/中村草田男「母郷行」

肩車よろこぶ声は父よりも高きところに麒麟を仰ぐ/小紋潤

バースディケーキに点る一つ灯のちひさき幸を妻とよろこぶ/杜沢光一郎

タイトルとURLをコピーしました