北斎)を使用した俳句

北斎)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

北斎)を含む俳句例

九十鉄斎九十北斎春の蠅/小澤實

初空や北斎の青写楽の朱/秦夕美

北斎の海に雪降る涅槃かな/春樹

北斎に胴掴まれし穴惑ひ/北川英子

北斎の皺千条の淑気かな/都筑智子

家遠く北斎の絵の雁渡る/有馬朗人

北斎の富士に激突金亀子/有山八洲彦

北斎の寺町守るや鳥総松/狛/登茂子

北斎の波立ちあがる冬隣/笠井香芳里

北斎の雲を放ちて秋の富士/関森勝夫

北斎を見る極月の橋わたり/橋石和栲

摺絵師の手焙り赤き北斎展/小磯国雄

木の葉時雨か北斎の絵天井/長田道哉

河べりに自転車の空北斎忌/下村槐太

紅葉且つ散りて北斎二人説/都筑智子

菖蒲の葉北斎の線出し尽す/吉田紫乃

いかづちの乗る北斎の波頭/清家美保子

ひと魂でゆく気散じや夏の原/葛飾北斎

仮借なき北斎素描裸灯かな/柴田美代子

北斎の富士より高く卯浪立つ/加藤洋子

俳句例:21句目~

北斎の涛より白き冬かもめ/椎名智恵子

北斎の藍をば深め時雨降る/佐藤美恵子

物干に富士やをがまむ北斎忌/永井荷風

高濤に夕日の濡るる北斎忌/勝尾佐知子

こめかみの老斑かなし北斎忌/黒田桜の園

北斎のすずしさ海につつがなし/山口文一

北斎館路辺に冬のもの干して/森山倭文子

富士山のまだ明けやらず北斎忌/中村金雄

北斎に無き冨士聳てりつちぐもり/小林葭竹

北斎忌サーファー波に乗りて立つ/富井康夫

北斎の犬目富士いま雪解富士/飯島晴子「平日」

タイトルとURLをコピーしました