マストを使用した俳句

マストに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

マストを含む俳句例

満天の星に旅ゆくマストあり/篠原

マストの影が首から腹へ移る/藤後左右

三尺寝マストの影を胸に置き/黛まどか

堀割に台風避くるマストふゆ/亀井糸游

小鳥来る港にマスト多き日も/原田青児

島へ荷のマスト一本秋の雲/中戸川朝人

旗するする収めしマスト花の冷/下田稔

林立のマストにかかる居待月/南部秀夫

菜つ葉服マストに干され都鳥/北野民夫

菜の花に隠れ巨船のマスト航く/菅晴太

雲と波ばかりのマストに帰る燕/下田稔

の骨のマスト角燈皃をゆる/富澤赤黄男

僚船のマストを追ひつ海霧の中/秦/孝浩

入学の町どこからもマスト見ゆ/成田千空

秋来ると町屋根越しの白マスト/野澤節子

雪間草いちにち帆柱みがきをり/田中裕明

鳥船のマストにむすぶ注連飾り/佐川広治

厚岸はマストの先より凍てる町/宮地路傍子

屋根越しにマストの往き来春炬燵/原田青児

朽ちしマスト風葬のごと寒鴉集ふ/草間時彦

俳句例:21句目~

マストの影はあつちへ行つたりする/藤後左右

マストの陰に首を入るれば足が出る/藤後左右

リベリアの旗破れたり灼くるマスト/大村/進

夕焼けてマストの十字架ひとおりる/片山桃史

沈没船のマストが背伸びして見送る/藤後左右

輪飾りを結びしマスト揺れやまず/駒木根淳子

ヨットハーバー百のマストを天に吊り/戸栗ちかし

海にマスト多き日は自然薯掘りにゆく/加倉井秋を

街の上にマスト見えゐる薄暑かな/中村汀女「汀女句集」

タイトルとURLをコピーしました