道路を使用した俳句

道路に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

道路を含む俳句例

異国めく湾岸道路冬霞/塙きく

立待の鉄板道路多き街/飯島晴子

梢狭き二等道路の柳かな/正岡子規

猫柳道路に生えて新開地/京極杞陽

草炎や改修道路突如切れ/津田清子

鳥雲に湾岸道路運河越ゆ/上島顕司

真つ直ぐに囚人道路秋の霜/安田敏子

神輿舁道路端に腹ごしらえ/高澤良一

金屋の座敷が道路より見ゆる/澤田薫

震災忌はたち余りの道路工/石塚友二

露けしや囚人道路の鎖塚/三幣芙佐子

ぐいと反る湾岸道路夜涼の灯/高澤良一

冬凪の海岸道路出来つゝあり/高濱年尾

未完成道路の広さ向日葵咲く/右城暮石

梅雨どきの湾岸道路灯の連鎖/高澤良一

湾岸道路分岐繰り返して晩夏/山根真矢

網走の囚人道路ななかまど/中越津代子

道路ほど寂しきは無し羽抜鶏/永田耕衣

道路よく掘り起されて十二月/棚橋澄子

道路より土間低うして種物屋/玉川鴦鳴

俳句例:21句目~

お彼岸の道路に穴をあけてをり/吉田汀史

ゆく春や道路に大きな穴ひとつ/工藤克巳

本購わな二月無慚な道路を越え/寺井谷子

竹煮草道路予定地のフェンス/澤柳たか子

葬発ちしあとの道路を人出て掃く/神田孝

陽炎のごときが死んでおる道路/鳴戸奈菜

日盛りのふと日かげりし道路かな/高濱年尾

白線は道路を逸れず梅雨に入る/細谷ふみを

道路ふさぐバタ屋の群も年逝かす/岩田昌寿

道路掃いて地の塩たらむ年暮るゝ/岩田昌寿

黄金道路より見て貧しき昆布拾ひ/斎藤朗笛

タイトルとURLをコピーしました