白(ら)むを使用した俳句

白(ら)むに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

白(ら)むを含む俳句例

長雨の暁白む蛙かな/石島雉子郎

芹匂ふ顔白むまで雲を見て/子郷

露寒や草に白らけし蛇の衣/梧月

身に入むや夕べを白む?林/黛執

明鶯寒屋の穴みな白む/百合山羽公

海女潜き薫風磯に白らみたる/仙臥

反転々白むには間の熱帯夜/及川貞

舌白む朝よ青大将が過ぐ/柿本多映

池白むほどの雨なる遠桜/久米正雄

舷窓に白らむ濤音秋遍路/伊藤敬子

明け白む荒海の方ゆ初放送/安立恭彦

氷る河わたる車室の裡白む/山口誓子

照り白む道のわが影原爆忌/嶋田麻紀

縄綯ひて夜の耳白む結氷音/豊山千蔭

苗代や抜くたび白む農の脚/石川桂郎

吹き白むことを欅も厄日空/皆吉爽雨

春の日にみ仏の前土白らむ/原田種茅

馬頭観音盆道白むほどの雨/野沢節子

水洗ひ白らけし塀や返り花/内田百間

簀の外の路照り白らむ心太/富田木歩

俳句例:21句目~

うしろから白む端山の雉の声/正岡子規

ねこ柳のほほけ白むや雛の雨/室生犀星

何事もなく水番の夜が白む/池田風比古

寝ねさせよ白むまで咳く咳地獄/及川貞

産ごゑと紅葉の香と明け白む/廣瀬町子

戸の隙を雪吹き白らめ神代記/野澤節子

献盃式果てゝ白むや菱燈籠/名和三幹竹

朝富士に月も雪白むすこ病む/和知喜八

白らむ旅寝遥かな闇に妻を託す/隈治人

闇凍てて遠くの闇の白らむなり/松澤昭

シャガールの月恋人に夜が白む/橋本榮治

恥らひて鼻白む雛の灯かな/安斎桜カイ子

悴みて海苔漉き了へし窓白む/長谷川史郊

摶つ濤に眼鏡の白む寒暮かな/中戸川朝人

山なみへ夜の白らむ冬の旅する/橋本夢道

枯草を音たてて男等没日白らめ/桜井博道

あいの風弥彦山の沖に浪白らめ/高澤良一

雨空の北から白らむ夜寒かな/廣江八重櫻

明星の白む焚火にあたゝまる/百合山羽公

ほとゝぎす口すゝぐ間も夜の白む/相馬遷子

俳句例:41句目~

谷空のやうやく白むけらつつき/三田きえ子

逆波の白む世阿弥の忌なりけり/三田きえ子

夜は白らむ籠の螢のにほひはげしき/原田種茅

舞は過ぎし夜を春に塵白む灯よ/安斎櫻カイ子

雪に白らみ遠く呼ばれる眠りのなか/大井雅人

街路樹の小雨短夜ほの白む/かきね草/藤井紫影

人声やこんもり白らむ踊り更け/飛鳥田れい無公

夢にかよひて戸の面の雪の暮れ白らむ/富田木歩

食卓のもの急に白らける雪の風/飛鳥田れい無公

原ひろくなれば白らけつ寒きかな/飛鳥田れい無公

雷とどろその夜わが家白らみけり/飛鳥田れい無公

タイトルとURLをコピーしました