寂を使用した俳句

寂に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

寂を含む俳句例

寂として校庭白く法師蝉/中山寛

杉苔に万両溺れ寂光土/富安風生

寂かなる雨六月の白襖/石原舟月

尚奥へ寂光院は茂り中/堤俳一佳

一斉に大掃苔の寂光土/川端茅舎

講書始大内山の寂として/野沢純

かしましく啼て寂敷蛙かな/志慶

朝鴨に比し夕鴨は寂と居き/瓜人

母の汗拭へば終の白額/野澤節子

寂として万緑の中紙は食ふ/楸邨

神寂や秋蝉我にいしばりす/麦水

白雲の寂花蓼の露百顆/石原八束

露の奥寂光院の灯かな/吉田冬葉

萍の寂光尼に小机あり/桂樟蹊子

秋風や句に寂光を希ひ/尾崎迷堂

冬寂と特別攻撃隊起てり/斎藤玄

一枚二枚空々寂々干鰈/川崎展宏

寂滅のふぐ提燈に光あり/中勘助

寂滅の櫂のしづくぞ袖の露/惟中

綿虫や寂光まとふ五合庵/石野冬青

俳句例:21句目~

緑立つ寂光院の炎上す/梶山千鶴子

茸山と寂光院の径と岐れ/岸風三楼

荒縄の鮭寂光を放ちをり/沢木欣一

寒食や寂然として鍋の蓋/佐藤紅緑

跼るや菫咲きゐる寂光土/内藤吐天

山帰来石一蝶寂と石に影/川端茅舎

風花の寂光院となりにけり/高原桐

猫眠る外は寂かな月明り/川口咲子

男郎花白夜寂けさ緻密にて/有働亨

寂かなる微笑塩竃櫻かな/黒田杏子

香もそれも寂光院や苔の花/飴山實

秋寂や近江の国の夕舂日/尾崎紅葉

寂けさを湖は白夜の帳とす/有働亨

胡桃割り尽しては寂かすぎる/林翔

一線の抜身水仙寂として/渡邊水巴

寂として一川迅し吊し柿/栗生純夫

御降や寂然として神の鶴/寺田寅彦

花ちるや寂然として石仏/正岡子規

葉桜の長堤寂を取り戻す/森岡靖子

蟻地獄寂滅為楽の鐘の下/川崎展宏

俳句例:41句目~

野分して漁村寂たり大碇/幸田露伴

雁風呂や湖一枚の寂とあり/水庭進

鰡跳ねて旧軍港の昼寂と/青木重行

佛法僧寂か十日の月寂か/黒田杏子

春雨や寂光院の傘さして/野村泊月

寂として残る土階や花茨/高浜虚子

冬の雨嶽寂光に雪降れり/沢木欣一

凍蝶の翅伏す霜の寂光土/西島麦南

寂として緑の中の美術館/鈴木律子

円空上人入寂の跡蝉涼し/堀口星眠

化野の寂光退さる枯尾花/角田独峰

爽籟に寂光雲を流れたり/大竹孤悠

冬木立備中高松城址寂/稲畑廣太郎

秋虹二重常寂光寺小倉山/黒田杏子

木枯や彩の闃寂の深海/松根東洋城

稲の穂の寂光芒より淋し/中西碧秋

朽葉寂雑木の花の降るも寂/及川貞

寂滅の鐘の響きや雲の峯/水田正秀

突き当る常寂光寺竹の秋/行方克巳

寂として寒林人を拒みけり/和田祥子

俳句例:61句目~

氷河懸るこの寂けさを雲湧きて/林翔

草濡れて寂と五尺の蛇交る/古市絵未

南無寂光郭公の声遠くなる/林原耒井

巌に寄する白き海波の春寂と/瀧春一

空也忌の鉦も太鼓も寂寂と/和田游眠

白桃の白きは蒼きほど寂か/石原八束

待つといふことの寂けさ青葡萄/林翔

なほ一歩寂とすすまず薪能/山田耕子

御厨の昼寂々といとど跳ぶ/伊藤虚舟

灯すもの灯して寂か雛の間/浜崎浜子

文字摺草裏庭寂と坦庵居/石田あき子

料理屋の夜の間寂や白芙蓉/飯田蛇笏

花の冷雨寂々とふりにけり/松瀬青々

花に蝶寂滅の会と思ひけり/尾崎迷堂

丁寧に拭ふおとなの夏寂か/清水径子

日一輪薔薇一花冬寂かなる/渡邊水巴

万籟寂然清水静に砂を吹く/正岡子規

省くだけ省きし寂に一冬木/百瀬美津

人日や島に十戸の寂もどる/林原和枝

行く春の寂光曳けり白孔雀/石田克子

俳句例:81句目~

お松明の寂光さえて大伽藍/高桑義生

伏籠の軍鶏寂然と秋日虧く/飯田蛇笏

蛇口にて水束ねらる寂光土/攝津幸彦

蓮絲で織らばや蓮の寂光土/筑紫磐井

日輪の寂と渡りぬ曼珠沙華/川端茅舎

物の寂猿簔冬にはじまりぬ/正岡子規

臨終と言ふ寂けさに積る雪/仁科紀子

冬待つや寂然として四疊半/正岡子規

冬日動く地上寂たり蟻も見ず/原月舟

綿を干す寂光院を垣間見ぬ/高浜虚子

鯉水をうつて寂たり紅梅花/三好達治

十二月梅少し咲きて空寂か/渡邊水巴

紅葉ちる常寂光寺よき日和/高野素十

霜十夜樹相に寂を加へたる/加藤耕子

草炎えて舟宿一つ寂れたり/齋藤愼爾

閑古鳥寂土の寺を嫌ひけり/会津八一

満天星や谷崎の墓寂一字/肥田埜勝美

坂の家寂と黄葉投げ合つて/藤江/瑞

粛殺の酣にして寂かなり/相生垣瓜人

御松明の寂光きえて大伽藍/高桑義生

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました