火打ち/燧を使用した俳句

火打ち/燧に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

火打ち/燧を含む俳句例

鯵刺や青砥の如き燧灘/武田玄女

加茂人の火を燧音や小夜鵆/蕪村

松の蕊群立つ燧灘を前/山口誓子

燧灘目差し鯛網船続く/岡田一峰

秋燕や海高ければ燧灘/宮坂静生

郭公や沼も燧岳も茜色/石川英子

鞴祭燧石にて火を創り/平野照子

一聲や妙高かけて燧山/会津八一

伊予柑に光沢与ふ燧灘/高澤良一

大花野雲のかがやく燧岳/伊澤福也

山焼の燧袋も古りにけり/石井露月

時鳥旦夕里さび燧うつ比/服部嵐雪

笠に入れて燧うちけりさ月雨/召波

蟇鳴いて黒雲かくす燧岳/福田蓼汀

火を起す音の笹鳴き燧岳/堀口星眠

引鶴へ鶴守切火打ちにけり/朝田黒冬

凍む国の神火をきりし火燧臼/下田稔

実山椒を手揉みに朝の燧岳/榎本好宏

山冷えの水口祭る燧火かな/松村蒼石

燧灘銀泥延べし良夜かな/渡部抱朴子

俳句例:21句目~

燧石修二会の行の火を点す/木村閑流

秋風やいただき割れし燧岳/福田蓼汀

稲妻の闇大いなる燧ヶ岳/針ヶ谷里三

月の辺に燧し星や蚊喰鳥/赤松ケイ子

嵯峨菊は火花打ち出す燧石/高澤良一

切り火打ち今宵銀河へ母還す/館さくら

初竃祖先供養の火打ちかな/池上奈々子

をだまきや鬱と暮れゆく燧岳/堀口星眠

夫送る三ツ燧を切りて鵜匠妻/松井利彦

燧石使つてみたき落葉あり/後藤比奈夫

虫声如雨燧石すりこぼす/長谷川零餘子

^何もなし飛騨山中の火打ち石/津沢マサ子

輪飾りを懸けなん切火打ちにけり/渡辺恭子

タイトルとURLをコピーしました