徒歩を使用した俳句

徒歩に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

徒歩を含む俳句例

夏木立僧最澄の徒歩の音/楠節子

駕二つ徒歩五六人花薄/正岡子規

人姦すごと春泥を徒歩渡る/小林康治

徒歩で行く大師詣や梨の花/正岡子規

徒歩跣てふ韻のして星月夜/柚木紀子

篝火の霧に暈もつ徒歩鵜飼/藤谷紫映

赤星の笛吹川に徒歩鵜かな/綾部仁喜

人は徒歩駕にくゝりし草の花/正岡子規

富士桜これより車すてゝ徒歩/村松一枝

徒歩ならば杖突坂を落馬かな/松尾芭蕉

徒歩の人舟で来る人宿もみぢ/藤崎久を

徒歩傷者列なさず影法師凹凸/片山桃史

撫子や大和の国は徒歩ゆかむ/深谷雄大

バス降りて徒歩で十分曼珠沙華/河村玲波

徒歩ゆくや花野の絵巻巻くごとし/伊藤敬子

父と子のかかげて暗き徒歩鵜の火/綾部仁喜

着ぶくれて千代女の国を徒歩く/須永かず子

風さざなみ徒歩旅行者に草冷えて/小長井和子

タイトルとURLをコピーしました