中天を使用した俳句

中天に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

中天を含む俳句例

銀河中天老の力をそれに得つ

中天の月橘の中よりす/古舘曹人

噴煙も珠冬麗の中天に/中村汀女

中天の日の光浸み枯尾花/原石鼎

中天の月の昏さよお山焼/船木朴堂

大根引磐梯の日の中天に/山口青邨

雨の中なほ雪痕を中天に/山口青邨

中天のつきやおぼろに潦/羅蘇山人

中天の日を浸し湧く冬泉/内藤吐天

中天に月懸り汐止るとき/高濱年尾

中天の巨人懸垂もう止めよ/江里昭彦

中天に太子現われ糸瓜かな/和田悟朗

中天に舞はせて磴の落葉掃く/上野泰

中天に雁生きものの声を出す/桂信子

中天の巨人懸垂もう止めよ/江里昭彦

月明の滝中天にかけのぼる/平井照敏

中天に赤き月あり熱帯夜/川崎ヒデ子

鳴神の一鼓百鼓や壺中天/大須賀乙字

中天に木枯の陽のありにけり/中川宋淵

中天に蛙鳴き更け父みとる/深見けん二

俳句例:21句目~

中天を翔び来る鴨の跡ひかり/加藤耕子

山の日は中天にあり蝶の舌/志賀佳世子

日は玉のごと中天に合歓の花/岩岡中正

水芭蕉中天に日も蒼みたり/八牧美喜子

虫時雨寝て中天へ掲げらる/小檜山繁子

中天に月いびつなる枯野かな/五十嵐播水

中天に月冴えんとしてかかる雲/高浜虚子

道白くはじまりすでに中天なり/家木松郎

中天に日をとどめたる牡丹かな/稲垣きくの

遠つ汽車の音中天に冬はゆく/飛鳥田れい無公

中天の陽をあふち撲つ幟かな/吉武月二郎句集

心電図を襲いて中天へゆく雷の群れ/その量その質/岡井隆

タイトルとURLをコピーしました