火伏を使用した俳句

火伏に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

火伏を含む俳句例

梟や柱に古ぶ火伏札/高橋悦男

寒の山火伏の神に酒供ふ/山本多七

屋根裏に火伏の札や秋の暮/有働亨

曲家の火伏の神も炉火埃/稲畑汀子

木枯や赤土山の火伏神/大谷ひろし

花樒柱にくくる火伏神/海野みち子

花粉症にも患はず火伏凧/伊藤二瀬

蟻地獄火伏の神の縁高き/半田順子

達陀の火伏の樒花芽持つ/西田尚子

人日や端の焦げたる火伏札/関戸靖子

冬の山火伏の行者渉りけり/吉田冬葉

寺の子の火伏札刷る年用意/平賀寛子

日蓮忌火伏の柱生きてをり/萩原麦草

春一番火伏の神の札を受く/田代登志

曲り家の煤け貌なる火伏神/佐川広治

火伏てふ初観音の賑はへり/麻生英二

風花や岩を立てたる火伏神/古舘曹人

もみがらを踏み配りくる火伏札/辻桃子

奪ひ買ふ火伏のうちは初不動/早坂さき

枯るる中小さくゐます火伏神/秋山素子

俳句例:21句目~

火祭や火伏の燠を拾ひ合ふ/田村おさむ

紅梅にまひるつめたき火伏神/関戸靖子

雪風の剥がしにかかる火伏札/太田土男

山廬忌や煤けてしるき火伏札/竪/ヤヱ子

左義長の火伏の枝も火となりぬ/牧野春駒

火伏札貼り足すことも神の留守/及川秋美

火伏祭の一の火つきし鳥居前/肥田埜勝美

葭蔵に火伏の護符のべたべたと/大石悦子

火伏札貼って年木を積みにけり/池田とみ子

雷落ちて火伏の神を焼きにけり/浅見まき子

火伏なる「おぜんじ雛」に大座布団/田中英子

火伏祭ほのほ狂へば樹々うねり/鍵和田ゆう子

タイトルとURLをコピーしました