ひつじ田を使用した俳句

ひつじ田に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ひつじ田を含む俳句例

ひつじ田も淡海の空も深曇/草間時彦

ひつじ田に鶉出でたる初景色/森澄雄

ひつじ田や雲の茜が水にあり/森澄雄

ひつじ田の畦の際より日本海/高橋優子

ひつじ田の瘠せて傾く海の際/中瀬喜陽

ひつじ田に入り少年の頃思ふ/森田公司

ひつじ田に大社の雀来て遊ぶ/村山古郷

秋篠のひつじ田四方に寺低し/松島利夫

ひつじ田に放り込まるる刈芒/石田勝彦

ひつじ田の水の太陽げに円し/西東三鬼

ひつじ田を牛帰り来る平等寺/竹内一笑

ひつじ田に溢れて沼の水暗し/石塚友二

ひつじ田となりて海鳴る千枚田/高橋淑子

ひつじ田を犬は走るや畦を行く/高浜虚子

ひつじ田に一羽下りたる雀かな/内田百間

ひつじ田に二本のレール小浜線/高野素十

ひつじ田に今浦島の一人かな/湯沢千代子

ひつじ田に我家の鶏の遠きかな/高浜虚子

ひつじ田を踏めば能因塚はすぐ/西上禎子

ひつじ田にことしの鴨のきて散れり/春光

俳句例:21句目~

ひつじ田に花を咲かせて北の国/二村典子

ひつじ田に夜火事の鶏の散乱す/岩田昌寿

ひつじ田に鴨の声あり夕まぐれ/遠藤孝作

神神を待つひつじ田のさはに青/大屋達治

一寺一塔ひつじ田これを囲繞せり/安住敦

出揃ふといふは美しひつじ田も/川圖静枝

ひつぢ田をよぎりて行けり白き猫/及川貞

ひつぢ田にあふるる川は最上川/村山古郷

ひつじ田の持ち堪えたる十坪ほど/小平湖

ひつぢ田に夜火事の鶏の散乱す/岩田昌寿

ひつぢ田に紅葉ちりかゝる夕日かな/蕪村

ひつじ田の涯まで枯れて鷺一羽/小川玉泉

ひつじ田の紀の国紀行つゞきをり/山形理

ひつじ田の青む幾枚こころ弱し/赤西愛二

ひつじ田の風ひろびろと立山剱/石工冬青

ひつじ田の風伸びゐたり鶏の胸/進藤一考

ひつじ田を打てばとつぜん鉄格子/松田進

ひつじ田や痩せて慈姑の花一つ/正岡子規

ひつじ田や白きは雁の糞ならん/夏目漱石

ひつじ田や間遠になりし駅と駅/鶴岡容子

俳句例:41句目~

ひつじ田は人通らねば泣きに来し/高野素十

ひつじ田に日と月のある野望かな/平井照敏

ひつじ田に深酔いの誰かいる未明/児玉悦子

一人遍路に土佐のひつじ田青々と/田中英子

ひつじ田のあかるさに干す杉丸太/玉垣咲良

ひつじ田はむかし館のしづけさよ/佐野良太

海の鳥来てひつじ田も枯れにけり/皆川白陀

ひつじ田や伸びてやはらぐ父の髯/香西照雄

ひつじ田のほとりで列車列車待つ/高澤良一

ひつじ田の果てもり上る日本海/福原ふじこ

畦ゆきてひつじ田ゆきて蝗捕り/軽部烏帽子

ひつじ田や小草も萌えて真ッ青に/西山泊雲

ひつじ田の枯れ見せ始む耳鳴りす/斎田史子

花嫁が行くひつじ田の晴れし日に/村山古郷

ひつじ田越し家畜医なども伊能姓/木村蕪城

うつ伏してゐるひつじ田の溺死人/萩原麦草

ひつぢ田の案山子もあちらこちらむき/蕪村

ひつじ田の水漬きて神に近くあり/波多野爽波

嚥み下すひつじ田に身を置いてより/久保純夫

日がさしてまだひつじ田の水びたし/岸本尚毅

俳句例:61句目~

歩々に詩やひつじ田の光り移りつつ/香西照雄

ひつじ田に転げしことも旅のこと/金箱戈止夫

ひつじ田のあをあを上総日和かな/三上紗恵子

ひつじ田のふたたびの穂を刈る岬/大岳水一路

ひつじ田のまさをなる果て瞽女の墓/佐川広治

ひつぢ田となるまで雨のいくたびか/佐藤鬼房

ひつじ田へ紅葉降りつぐ上の茶屋/水原秋櫻子

ひつじ田の枯るるすがすがしき月夜/松村蒼石

ひつじ田の黄みどりの黄にただよふ日/上村占

ひつじ田を田螺のあるく鬼無里晴れ/高澤良一

ひつじ田のしぐるるときの音もなし/長谷川浪々子

ひつじ田にしぐるるときの音もなし/長谷川浪々子

ひつぢ田や青みにうつる薄氷/一茶/寛政四年壬子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました