下枝を使用した俳句

下枝に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

下枝を含む俳句例

鰯雲松の下枝に海見ゆる/上村占

下枝を風の騒げる若楓/稲畑汀子

下枝にかまへて啼くや秋の蝉/路通

海棠の下枝汚るゝ大雨かな/原月舟

片ひざをついて下枝の袋掛/轟蘆火

下枝から栗の芽ぶく春です/北原白秋

剪定の下枝一服せるを見ぬ/石川桂郎

図書館の七夕竹の下枝かな/綾部仁喜

林檎咲き下枝の花は麦の中/山田文男

栗の木や下枝をゆする名残の月/露遊

猫柳下枝は水浸く布留の川/細見綾子

累卵めく夏雲白樺下枝繁し/香西照雄

花合歓や風は下枝より起る/岸風三楼

若楓下枝ゆふづく蝶を垂る/木津柳芽

門口に楢の下枝の茂りかな/正岡子規

杉の下枝払ふ音より鵙高音/大熊輝一

上枝下枝に頬白はずみ氷照る/渡邊水巴

下枝はみくじの占めて桜紅葉/田中芙美

下枝を払ひ当麻路盆が来る/猪俣千代子

寒ぐもる下枝にひそむ雀かな/室生犀星

俳句例:21句目~

枕丁の下枝影して日闌けたり/鈴木花蓑

沈丁の下枝影して日闌けたり/鈴木花蓑

頬白や下枝下枝の芽ぐむ間を/中村汀女

一文字にイチイの下枝霜つよし/前田普羅

下枝は枯れて居るなりはぜ紅葉/高木晴子

下枝よりひらき初めける桜かな/岡田守生

下枝を剪つて樹令の始まる日/三浦加寿子

散葉支へて下枝平めに紅葉かな/西山泊雲

片袖垣下枝かばひて梅富ます/平井さち子

白萩の下枝揺るるはひとりごつ/西村和子

笹子来る下枝下枝と鳴き移り/長谷川草洲

余花二、三下枝にすがり七七忌/鍵和田ゆう子

タイトルとURLをコピーしました