床の間を使用した俳句

床の間に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

床の間を含む俳句例

寒椿一輪床の間を制す/中塚梨枝

床の間に櫁の青き寒さ哉/正岡子規

床の間に父の遺愛の籠枕/棚山波朗

床の間に置きて良夜の旅鞄/轡田進

床の間の牡丹の闇や時鳥/正岡子規

床の間に提灯置いて畳替/石田雨圃子

床の間に梅の紅白闘病とは/鈴木鷹夫

床の間に深く飾りし初雛/今井千鶴子

床の間のビールの壜や冬籠/会津八一

床の間の一輪の白夏座敷/長谷川通子

床の間の小さき鉢に下萌す/太田南岳

床の間や紫苑を活けて弓靱/正岡子規

床の間を一段として雛飾る/野村良子

還暦や山葵の花が床の間に/津川あい

床の間に積み置く本も年の内/高澤良一

床の間の砧の槌を打ちて呼ぶ/後藤夜半

床の間の萩は一日おくれけり/正岡子規

洗ひたる遍路の枝を床の間に/野村泊月

父の座は床の間のまえ屠蘇祝う/森松清

雛段や床の間のなき大屏風/島村元句集

俳句例:21句目~

床の間に結納のある冬暖たか/田川飛旅子

床の間のぽつぺん光る夜明かな/石原刀子

床の間の達磨にらむや秋のくれ/正岡子規

床の間の鷹の翔び立つ旱梅雨/土橋いさむ

床の間はいつも夕暮れ朴の花/本庄登志彦

すが漏のあと床の間の壁にあり/瀧澤伊代次

床の間に活けあるものの落葉かな/大塚草廬

松過ぎの床の間らしく飾られて/成瀬正とし

まるめろ一つ置いてある冬の床の間/室生犀星

床の間に秋草なりと欲しきかな/阿部みどり女

床の間に祭られてあるわが首をうつつならねば泣いて見てゐし/前川佐美雄

タイトルとURLをコピーしました