臙脂色を使用した俳句

臙脂色に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

臙脂色を含む俳句例

八幡平頂上芒の茎臙脂/高澤良一

山櫻さう山櫻葉の臙脂/高澤良一

節々に臙脂の入る川芒/高澤良一

臙脂なる菊を鎧の草摺に/高澤良一

二月尽臙脂は妻の好むいろ/友岡子郷

冬菊の臙脂を畑の色どりに/高澤良一

水澄みて仏の花の臙脂かな/依光陽子

つぼめある日傘はみ出し臙脂濃し/篠原

嘘を言ふシヨール臙脂に雪ぼたる/龍太

愛怨の臙脂なだるる天の川/河野多希女

枯菊の臙脂の色を焚きにけり/皆川白陀

白き瓶に臙脂したたる牡丹かな/中勘助

硫気噴き虎杖の芽の臙脂濃き/富安風生

窓は五月鴉に臙脂を盗まるる/宮武寒々

葉がくれに水蜜桃の臙脂かな/飯田蛇笏

行秋の臙脂をのこす廬遮那仏/桂樟蹊子

豆腐買ふ飯能芸者臙脂足袋/前田貴美子

まなじりに点ずる臙脂や暮の春/飯田蛇笏

コンパクト冬山近し臙脂ひく/柴田白葉女

猩臙脂に何ませて見ん牡丹かな/正岡子規

俳句例:21句目~

肩かけの臙脂の滑り触れしめよ/石塚友二

キヤベツとる娘が帯の手の臙脂色/飯田蛇笏

冬服の紺ネクタイの臙脂かな/久保田万太郎

寒臙脂やものいふ口の可愛らし/高橋淡路女

日が永くなりあぢさゐの芽の臙脂/高澤良一

臙脂つきしバイブルにして秋の黴/飯田蛇笏

臙脂の黴すさまじき梅雨の鏡かな/飯田蛇笏

黒牡丹ほのかに秘むる臙脂かな/高橋淡路女

芯生きて臙脂こぼしぬ泰山木の花/長谷川かな女

みごもりて身にはまとひぬ臙脂マント/文挟夫佐恵

姉を焼いて臙脂のロールスロイスで冬野/橋田サカエ

タイトルとURLをコピーしました