螢烏賊を使用した俳句

螢烏賊に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

螢烏賊を含む俳句例

橋くもる日の深皿の蛍烏賊/渋谷道

真夜中の港を煌と蛍烏賊/菖蒲あや

蛍烏賊からりと揚げて祭宿/保坂リエ

蛍烏賊光る方へと舟かしぐ/廣野實子

蛍烏賊松風陸を離れざる/金尾梅の門

螢烏賊ともる許婚者の健啖/塚本邦雄

螢烏賊一期の灯ともしけり/大森桐明

光るまま網ですくはれ蛍烏賊/吉川康子

川水を恋ふとはあはれ螢烏賊/高野素十

晩年の旅蛍烏賊歯になじむ/青木よしを

波の穂の段なすひかり蛍烏賊/福山志づ

父の忌の町に出初めし螢烏賊/澤木欣一

砂吐かすごとくに濯ぎ螢烏賊/石川桂郎

蛍烏賊に種のありしよ夜の酒/進藤一考

蛍烏賊夜汽車蠍のごとく発つ/宮武寒々

蛍烏賊青き飛沫をふりこぼす/石黒ト風

そのかみの荒磯の海や蛍烏賊/深井きよし

灯を慕ひきては汲まるゝ蛍烏賊/堺井浮堂

蛍烏賊掬ひ売る手に生きてをり/本間愛子

蛍烏賊汐たるゝまゝ食うべけり/高木晴子

俳句例:21句目~

蛍烏賊見に行く舟に月も佳し/高田風人子

ほたる烏賊越よりとどき仏生会/角川春樹

まつくらな海へ見にゆく螢烏賊/深見けん二

掌にのせてつくづく蛍烏賊を見る/高木晴子

蛍烏賊ともりておのれ照らしけり/船平晩紅

蛍烏賊ばかりの糶のはじまれり/長沼三津夫

螢烏賊来るを待ちつつ夜もすがら/指中恒夫

ほたる烏賊喉とほりゆく夕ベなり/佐川広治

さびしさが焼きころがして蛍烏賊/能村登四郎

ほたる烏賊出そめし木々の芽も育ち/鈴木真砂女

螢烏賊握りしめて言ふ「きんたまだ」/瀧澤伊代次

タイトルとURLをコピーしました