一水を使用した俳句

一水に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一水を含む俳句例

一水に闇の明滅初蛍/鶴田佳三

篁に一水まぎる秋燕/巌谷小波

蛍火や一水闇に音もなく/新村寒花

蘆火中淀の一水光りけり/井桁蒼水

凍滝の一水走り意志通す/高橋良子

芹生ふる一水走り畑傾ぎ/福田蓼汀

一水の韻の貫く夏木立/つじ加代子

潟橇の跡の一水夕焼くる/奈良文夫

朧夜の一水隔てて花の帯/竹中英雄

磐走る一水響き夕ざくら/川村紫陽

一水を巡りて寒き影法師/山田弘子

蹲踞の一水の音炉を開く/大森保延

一水や棒のごとくに蛇渡り/森田峡生

一水をあまさず搾り冬の河/栗生純夫

一水を指さし指さし水論人/西山泊雲

分水嶺からの一水橡の花/伊丹三樹彦

初猟や一水蘆に澄みわたり/高野素十

幣たてゝ一水浄き御祓かな/西山泊雲

曼珠沙華一水の紺飛びちれり/石嶌岳

梨花月夜眼下一水走りをり/藤島咲子

俳句例:21句目~

翡翆や一水はしる巌のうへ/橋本鶏二

一水の明るさに添ひ落葉道/藤松遊子

梅二月一水ここに始まれり/西嶋あさ子

一水をうちひろげたる秋の風/石田勝彦

一水も無き川眠る山縫へり/阿波野青畝

探梅の帰路一水の光るあり/三浦十八公

一水の緑蔭に入るところかな/高濱年尾

一水を附けて居るらし夏の鳥/永田耕衣

撃ちし猪さばく鈴鹿の一水に/尾亀清四郎

一水を杼のごとく飛び恋の猫/三田きえ子

一水に鳥を咲かせて冬はじまる/水内慶太

つくしんぼまたぎ一水またぎけり/行方克己

軽暖の一水走るところかな/成嶋瓢雨「ホトトギス」

タイトルとURLをコピーしました