火薬を使用した俳句

火薬に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

火薬を含む俳句例

鉄砲火薬店旧正の客一人/浦野芳南

あまい食欲火薬工場は空の底/穴井太

威銃老い細る身に火薬の香/大井雅人

強霜に何の撃たれし火薬臭/澤田一餘

火薬庫のとなり酒蔵雪ふれり/皆吉司

秋の蜂群れて火薬の匂ひ満つ/佐野威

葛の葉の茂みに火薬工場の灯/穴井太

いやに笑う少年未明の火薬臭/岡田耕治

夜光虫火薬庫のあるだけの島/永田青嵐

枯山に火薬の匂ひふとしたる/西村和子

火薬庫の前を玉葱さげてくる/大石雄鬼

火薬庫の注連のそよげる山始/西井江村

火薬庫の真上で瘠せる童話の月/穴井太

火薬庫の緑地耐えいる鷺の首/杉本雷造

秋風に火薬のごとき妬心かな/香取哲郎

雀鉄砲綺羅の花粉の火薬付/佐々木六戈

かたかごの径火薬庫へつづきけり/山本悠

残雪や固く閉ざされ火薬小屋/加藤知世子

火薬工場の真昼眼帯の白現われ/杉本雷造

火薬店の前よぎりゆく小正月/政野すず子

俳句例:21句目~

火薬庫を見まわりに来て栗拾ふ/逸見末草

こときれる冬蜂ひとつまみの火薬/守谷茂泰

火薬のやうな胡麻乾して媼離れけり/椿春水

火薬庫ある奥山かけて紅葉はげし/宮津昭彦

火薬庫跡にシャツの一竿南吹く/諸角せつ子

火薬箱匂いもたてずきりぎりす/加藤かけい

蜂の仔採り火薬の匂ひさせて来る/蟇目良雨

葉山葵の密封火薬をつめるがごとく/幅田信一

遠いいくさの火薬のにほひ焼芋は/田島たつほ

をみなへしをとこへし火薬庫はいづこ/栗林千津

空蝉のしかと火薬庫抱きおり/中村和弘「蝋涙」

タイトルとURLをコピーしました