砂を使用した俳句

砂に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

砂を含む俳句例

青砂さん居/石川桂郎

砂を摺る大淀舟や暮遅き/一茶

磨砂楊枝づかひや雪の昼/言水

新寺の砂にしだるゝ柳哉/許六

砂浴びの社の雀祭前/高澤良一

砂深く蛤彩られてあり/澁谷道

浜道や砂の中より緑たつ/蝶夢

涼しさや先づ蛤の口の砂/句空

砂土圭干潟や泳ぐぐ堺町/立吟

月の下砂山松の嵐かな/増田龍雨

月清し遊行のもてる砂の上/芭蕉

大汐や昼顔砂にしがみつき/一茶

松籟や秋の扇を砂の上/斎藤梅子

砂山の夕ぐれ永し氷水/長谷川櫂

きり~す此處は砂村瓜畠/泉鏡花

砂走り千鳥が走り砂走り/森田峠

砂ヶ森袰月龍飛田植寒/黒田杏子

歯固や千代見む巌みがき砂/茗風

砂畠きれいに打つて秋祭/原田喬

盆山や梺のみぞれ砕き砂/調川子

俳句例:21句目~

朝東風や砂まびれなる磯肴/響美

砂浜に続く砂畑貝割菜/茨木和生

糸桜口中の砂のみ下す/岡田史乃

箱庭や砂ひとにぎり堆く/中田剛

焼砂に深き轍や雲の峯/正岡子規

鳥渡る波際粗き砂の面/毛塚静枝

掌つけば干潟の星の砂/山田渓舟

須走は砂荒き町富士薊/青木路春

仏桑花兵の骨いま星の砂/白鳥峻

砂取節粛々寒し海に雨/西村公鳳

敷砂に蜆の殻や春の雨/野村泊月

青栗や砂の流れし山の道/中拓夫

敷砂や玄関脇に残る雪/寺田寅彦

冬泉砂を忘れて砂躍る/菅原鬨也

砂も亦美しきかな桜貝/高濱虚子

日本と砂へ書きたる時雨哉/一茶

凩や練兵場の砂けむり/寺田寅彦

浜道や砂から松の若みどり/蝶夢

初冬や蘭に培ふ乾き砂/中川四明

舟底を擦る川の砂夏の果/桂信子

俳句例:41句目~

春ぞ影八百日の浜路砂土圭/西望

海からの凩砂を礫とす/矢島渚男

春の日や庭に雀の砂あびて/鬼貫

陽炎や砂に坐りて蛇籠あむ/篠原

貝殻を拾ひて秋の砂こぼす/柏禎

海底を流るる砂に寒鮃/長谷川櫂

塩鮭の尾が砂に立つ松林/中拓夫

西国や渚の砂に瓜の苗/斎藤梅子

砂はむと浦人いへり春の雁/闌更

行水の砂美しき盥かな/星野高士

春霰雲割つて日の砂簾/石川桂郎

物蔭に砂山の如桜あり/対馬康子

淀川を砂舟下る春星忌/羽田岳水

大内の砂を土産や相撲とり/蓼太

落栗や砂の流れし山の道/中拓夫

夕焼の流れはやむる砂簾/岸田稚

菊の日や水すいと引く砂の中/目

夕立や砂に突き立つ青松葉/子規

柊は銀河の砂の花こぼす/大木石子

柾の実籬のうちも砂白く/富安風生

俳句例:61句目~

秋風や砂に汚き打上藻/楠目橙黄子

砂を吐く霞ヶ浦の生蜆/阿波野青畝

山砂の崩るる白さ夕立あと/杉本寛

秋日没る庭の平らに金の砂/桂信子

砂に足捉られし島の盆踊/山地里水

禅寺の砂を浴びゐる初雀/鈴間斗史

牛突の涎ひつぱる旱砂/中戸川朝人

磯ものを砂に商ふ祭かな/石田勝彦

ただ眠し砂色泥鰌砂涼み/香西照雄

砂走れぬ自転車海は生の力/上月章

川原の砂ほこり色鳥低し/内田百間

川原の砂ほこり色鳥渡る/内田百間

犬馳けし足跡雪の銀砂灘/右城暮石

盛砂の上をまひるの天の川/原田喬

玄海の砂噛む波も十二月/清水基吉

砂に埋む須磨の小家や冬の月/暁台

砂浴びに胸を並べし寒雀/古川眞澄

巻貝の砂を遊ばせ秋の浪/柴田幸雪

砂浜の砂あたゝかき粟筵/中村汀女

砂浜に落ちて砂噛む奴凧/高澤良一

俳句例:81句目~

蟻の塔砂山に古る水神社/巌谷小波

広島の忌や浮袋砂まぶれ/西東三鬼

広島の忌や浮袋砂まみれ/西東三鬼

瞳の中の砂粒無色特車隊/阿部完市

砂山に葱の花咲き妻が郷/岸原清行

水中に日当たる砂と影の砂/内野修

水仙や水を湛へて砂白し/島田青峰

砂熱く太陽熱く辣韮掘る/清水諒子

砂山に芒ばかりの野分哉/夏目漱石

砂焼けて松の影這ふ芋畑/会津八一

やゝ寒うなりて太るよ砂の鯊/茶煙

水底の砂も小春の日なたかな/梅室

砂山に四五人現れぬ彼岸潮/桂信子

海鳴りの砂山頭暑くをり/桜井博道

歳月は砂山となる夏帽子/対馬康子

砂村や蘆散る暮の戻り舟/正岡子規

東風吹くや尚砂山の枯芒/野村喜舟

黙深く戦の島の熱砂踏む/土田桃花

大西部熱砂に蝶と人の影/仙田洋子

初凪や野付半島砂嘴長し/吉田晶子

タイトルとURLをコピーしました