ぼんのくぼを使用した俳句

ぼんのくぼに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ぼんのくぼを含む俳句例

ぼんのくぼ押へし汗の掌/高濱年尾

炎天を水行十里ぼんのくぼ/山崎聰

寒菊や臼の目切りがぼんのくぼ/一茶

舟遅し夕日暖きぼんのくぼ/佐藤紅緑

寒灯に少し淋しきぼんのくぼ/並木緑之

闇の夜のはつ雪らしやぼんのくぼ/一茶

ぼんのくぼきよらにくぼみ春灯/吉屋信子

刈り上げて女上司のぼんのくぼ/福本弘明

日雷かろんぜられしぼんのくぼ/小林康治

枯山を下りきて熱きぼんのくぼ/三橋鷹女

秋蝉の声のたまりしぼんのくぼ/高井瑛子

襟巻や寒さはなれぬぼんのくぼ/小杉余子

雀らと灼け少年のぼんのくぼ/神尾久美子

きさらぎやお面のうしろぼんのくぼ/金松仙

ぼんのくぼ仄かに冷えて十三夜/土井青城子

ぼんのくぼ手のくぼ芽出し雨すこし/下田稔

仲秋の月の冷たきぼんのくぼ/長谷川かな女

大寒やぼんのくぼまで老けにけり/小林康治

木の芽風剃られしぼんのくぼ多感/三浦和子

水飲んでまくなぎ淡しぼんのくぼ/藤田湘子

俳句例:21句目~

汗ばんで立つ美男子のぼんのくぼ/中田美子

濁酒や酔うて掌をやるぼんのくぼ/石田波郷

灯取虫ぼんのくぼまで剃られけり/石橋秀野

白酒やあまりかぼそきぼんのくぼ/清水基吉

落梅をひろふ子のぼんのくぼの陽/北原白秋

蕗十薬おどろに重きぼんのくぼ/千代田葛彦

つちふるや臥して十日のぼんのくぼ/大石悦子

つめたさは春のしぐれのぼんのくぼ/細川加賀

ぼんのくぼ夕日にむけて火鉢哉/一茶/享和三年癸亥

かはほりや夜たかゞぼんのくぼみより/一茶/文政七年甲甲

タイトルとURLをコピーしました