能楽(師)を使用した俳句

能楽(師)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

能楽(師)を含む俳句例

炎天の能楽堂草擦る音か/中田剛

青楓能楽堂へ風を訪ふ/金子恵美

中尊寺能楽殿のみそさざい/小澤實

大年や能楽堂を置く真闇/藤田湘子

松手入能楽堂の閉しあり/宮崎一枝

能楽堂出で紅梅の高さかな/石寒太

草屋根の能楽堂も春の雪/有馬朗人

鼓鳴る能楽堂の若葉かな/正岡子規

ひぐらしや能楽堂は舟なりし/中田剛

能楽師月を曳きゆく袴かな/野澤節子

黄帷子著て閑な稽古や能楽師/幸喜美

常の日は草刈る島の能楽師/平井あい子

梅の香に突き当りたる能楽堂/笠原禎子

短日や美濃には美濃の能楽師/金子青銅

能楽堂出て臘梅の香に佇てり/加古宗也

若葉風能楽堂をふき抜ける/吉田喜美子

袴ピシと能楽師来て淑気賜ぶ/文挟夫佐恵

能楽堂の笛が聞こゆる杜若/蔵巨水「雄神川」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました