奥院を使用した俳句

奥院に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

奥院を含む俳句例

寒月や留守頼れし奥の院/炭太祇

奥の院見えて蜩十八町/正岡子規

春近き甲斐や身延の奥の院/十橋

しぐるるや燈明一つ奥の院/星野椿

積む落葉是より左奥の院/寺田寅彦

古杉の風薫りけり奥の院/正岡子規

山藤の夕藤となり奥の院/奈良文夫

水引や奥の院より異邦人/北野民夫

雪解川奥の院より札流す/島田高志

奥の院八丁とあり黒揚羽/近藤笑香

花青木法灯絶えぬ奥の院/藤井佳子

老鴬の声重なり来奥の院/鵜飼登美子

人絶ゆることなき月の奥の院/森白象

車前草の花が土下座の奥の院/檜紀代

遅桜なほもたづねて奥の院/高濱虚子

奥の院霞の中に見ゆるかな/正岡子規

鮠泳ぐ奥の院なる水行場/瀧澤伊代次

奥の院へ十町と記す石に涼む/正岡子規

御影供や御衣をろがむ奥の院/田口一穂

花うぐひ泳ぐ高野の奥の院/福島せいぎ

俳句例:21句目~

奥の院虚空へひらく白牡丹/町谷よし子

注連はづす奥の院より順番に/梶/和雄

邯鄲や月待ちて立つ奥の院/水原秋桜子

雪折れをまたぎて鞍馬奥の院/中野詩紅

末枯の明るさとなる奥の院/井上千鶴子

みな清水ならざるはなし奥の院/井上井月

奥の院へつづく万灯涼しけれ/大石よし子

奥の院風花密になりにけり/鍵和田ゆう子

目に触るるものみな涼し奥の院/佐藤とよ

雪積みて闇しろがねに奥の院/つじ加代子

奥の院より火種来る紅葉かな/鳥居おさむ

石南花の奥の院までつゞきをり/上田立一呂

避暑散歩奥の院まで行かずとも/坂本杜紀郎

タイトルとURLをコピーしました