眼下/を使用した俳句

眼下/に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

眼下/を含む俳句例

鴬の声を眼下に破れ傘/八木綾子

麦の秋眼下にふるき船溜/穴井太

十万家眼下に低し青嵐/正岡子規

眼前に古鏡眼下に結氷湖/岡本眸

大年の眼下に蒼し日向灘/鈴木鷹夫

黒潮を眼下に竜馬像暮春/宮武寒々

登山帽眼下に夏を一蹴す/佐藤林正

眼下頭上只秋の空秋の雲/正岡子規

流氷の眼下に浮かぶ国境/川村暮秋

良寛の海を眼下や長け蓬/鳥海むねき

葉擦れ柿食ふや眼下を天龍川/石寒太

荒れはじむ海を眼下に秋耕す/沢野弘

梨花月夜眼下一水走りをり/藤島咲子

佐久平眼下に展け懸煙草/木内はるえ

台風の生るゝ眼下を渡る旅/池田太恒

海一枚眼下に収め鷹となる/小澤克己

円虹や眼下に峯の影のびて/本多勝彦

眼前に熊蜂眼下に壇ノ浦/夏井いつき

能舞台組む眼下より大刈田/神原栄二

屈身のわらび眼下に無韻の村/穴井太

俳句例:21句目~

モザイクの街を眼下に冬麗ら/西村和子

五月野を眼下におさめ鬼瓦/草間寿美子

夏天翔ぶ眼下の街に数日居し/横山白虹

大瑠璃や入江の深さ眼下にす/目黒十一

新蕎麦や眼下の清流よどみなく/伊藤文

春潮を眼下に源平いくさ跡/籔田/郁子

田沢湖を眼下にしたる反魂草/高澤良一

眼下には雪後たゆたふ最上川/池下正幸

秋の山眼下町見えて人馬行く/正岡子規

眼下に鷹/鷹に眼下の日本海/小宅容義

雪渓をはるか眼下にカレー食ふ/長田等

眼下津軽肩はなれゆく夏の蝶/加藤楸邨

雲海の地に幣生えて眼下かな/駒走鷹志

雲海を眼下に丸き地球かな/稲畑廣太郎

清拭や眼下の濠に蓮むらがり/横山白虹

雪迎へ眼下の川の縷々岐れ/中戸川朝人

夏果ての雷の消したる眼下の灯/綾部仁喜

泣きながら土葬すべては鷹眼下/宇佐美目

眼前にくまばち眼下に壇ノ浦/夏井いつき

葭切の眼下が暗し暗しと鳴く/千代田葛彦

俳句例:41句目~

車窓眼下に七夕竹の揺るゝ見し/島田青峰

軍艦の出入り眼下に菜を間引く/石松昌子

雷過ぎし眼下の疎林刃こぼれす/丸山嵐人

機翼灼け眼下に都市をあざけるか/皆吉司

エスプレツソ旨し眼下を梅雨の川/西沢和子

実のあかき林檎も見えて湖眼下/川島彷徨子

眼下の怒濤女/子供に日向の岩/鈴木六林男

満天星の紅葉眼下にケーブルカー/初村迪子

眼下怒濤の岩浅葱は静かに掘る/加藤知世子

崖のぶらんこ眼下は淋し蕎麦の花/加藤知世子

シギリヤ/レディの眼下翳ろう首斬り岩/伊丹公子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました