新居を使用した俳句

新居に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

新居を含む俳句例

風殊に薫るか君が新居の辺/憲吉

新居もう蝿虎に親しまれ/山田弘子

侘助を植ゑて晩年用新居/鈴木鷹夫

新婚の新居風鈴すでになる/及川貞

迷路めく階段冬の夜の新居/皆吉司

蝿叩一閃したる新居かな/岸本尚毅

汝が新居古潭の鷹と空頒つ/西本一都

藺草干す今も昔の新居宿/後藤比奈夫

秋風も里春さんも訪ふ新居/山田弘子

新涼の新居厨も見せたまヘ/皆吉爽雨

五月富士出窓の多き子の新居/南俊郎

風そよぐ田島ヶ原の桜草/新居さくを

青饅や新居に古き皿小鉢/松倉ゆずる

秋雨の新居はじめて電話鳴る/皆吉司

新居ぽつり信濃畑桑青き辺に/及川貞

湖の照り障子に届く新居関/宮田正和

移り来て藺草の香り立つ新居/乙武佳子

蕪漬の一壺を中に新居冬/長谷川かな女

逝く年を時雨かけたる新居関/水野征男

野紺菊下見二度目の新居にも/都筑智子

俳句例:21句目~

鏡台を捨てて新居にくる晩夏/対馬康子

新居の地に噂たちまち矢車草/加藤利枝

新居まだ梯子いらざる松手入/平尾圭太

新居まづ春の蠅訪ひ円舞して/香西照雄

机据て新居の春も暮れにけり/会津八一

水も入れ替へて金の新居の秋/高澤良一

燕や川を越えれば子の新居/大久保白村

父の日や灰皿のなき子の新居/満田玲子

あたりまだ梨畑にしてわが新居/松尾緑富

どの部屋も蛙の声入れ新居かな/石川文子

父母住む灯涼しと仰ぐ子の新居/山田弘子

晩秋のいまだなじめぬ新居かな/森田たえ

紅葉の中新居夕日に染みやすく/香西照雄

新居まづ野良猫訪ふよ花曇/鍵和田ゆう子

新居まだ片づかぬ間の初写真/上田日差子

母招く新居に雲雀揚がりけり/中山フジ江

野の新居羽ひらくごと秋燈点る/成田千空

爐をあけよ新居の露地に水打って/及川貞

口切や新居披露の意もありて/合田丁字路

亡父の軸賜びて新居の小春かな/渡辺恭子

俳句例:41句目~

鼠まだ居らぬ新居や雛かざる/大橋櫻坡子

そら豆をむくや新居に少し馴れ/喜多村萬城

やや寒きことも親しや新居訪ふ/深見けん二

新居得て景色ととのふ春を待つ/下村ひろし

月光や新居に婚の荷まだ解かず/菊地美智子

新居の炉開きて在らぬひと一人/中戸川朝人

炬燵置くこのごろ新居落ちつきぬ/瀧澤伊代次

朝涼し新居のシャッターすべりよく/野本礼子

子の新居父の来てをり松手入れ/樹生まさゆき

まえにうしろに百の窓冴え新居とす/赤城さかえ句集

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました