リズムを使用した俳句

リズムに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

リズムを含む俳句例

点滴のリズム命を刻む冬/森洋子

包丁のリズム整ひ春立ちぬ/東浦佳子

リズムよく蝉の唄入り観音経/高澤良一

包丁のリズムの中にある歳月/荒木冬糸

少年のリズム麦生の錆び鉄路/細見綾子

耕しの五体しづかなリズムなり/及川貞

軽快なリズムの苦行朝がくる/片山桃史

郭公のリズムに練らる朴葉餅/伊藤京子

麦踏のリズムに飽きて鴉啼く/影島智子

優曇華や軍靴のリズム天を刺す/仙田洋子

天平のテンポとリズム修二会行/吉原文音

春の波生きるリズムを取り戻す/西尾竹水

田打蟹の手のリズムがしろい/吉岡禅寺洞

糸蜻蛉進むリズムはピチカート/高澤良一

紫陽花に雨の奏づるリズムかな/合田利之

虫の音のリズムに乗せて口遊む/長屋妙子

リズムもつ雫に解けてゆく氷柱/植木千鶴子

リズム今プレストとなり踊の輪/稲畑廣太郎

初音まだリズムにのれず室生山/滝野美知子

囀りのリズムに仮名の散らしがき/大林清子

俳句例:21句目~

水音は暮しのリズムつばめ来る/兼山き志枝

畳み込むリズム団扇にダリエンソ/高澤良一

米磨げばタンゴのリズム春まぢか/三木正美

コントラバス靴底でとるリズム冴ゆ/高澤良一

マンネリのリズムで冬日使い切る/丹羽美智鴣

瓜きざむ不和に馴れたるリズムかな/殿村莵絲子

空虚な顔して蜻蛉のリズムでうごく/日下部直起

身にいつか列車のリズム川涸れて/喜舎場森日出

雑音のリズムをききわけようとして宿の菊に/吉岡禅寺洞

つんざきてわれらのからだ貫きし輝くリズム消ゆることなし/松坂弘

タイトルとURLをコピーしました