雪螢を使用した俳句

雪螢に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雪螢を含む俳句例

殉難の碑に見失う雪蛍/畠友子

魂の重さ夕日に雪蛍/徳田千鶴子

しらしらと魂あそぶ雪螢/中村苑子

籬ふかき小督の塚の雪ほたる/八束

雪螢泉の楽はをはりなし/堀口星眠

雪螢近づきすぎて見失ふ/徳重怜子

妻の忌の昨日が遠し雪蛍/沼澤石次

身を飾る綿が重荷の雪蛍/岩崎憲二

雪蛍泉の楽はをはりなし/堀口星眠

遭難の錨祀られ雪ぼたる/岡野風痕子

雪螢日が低ければ低くゐる/原田青児

かがよへる女人高野の雪蛍/高野千代

森の日の嘆きかたむく雪蛍/堀口星眠

記憶みな乳の香まとふ雪螢/広瀬町子

あまたゐてあまた淋しき雪螢/原田青児

たましひは紺にてあらむ雪螢/三嶋隆英

嘘を言ふシヨール臙脂に雪ぼたる/龍太

小さき影ふれあふさきの雪螢/仙田洋子

晴れすぎて翳るいのちの雪螢/福永耕二

枯草の上にかげひく雪ほたる/石原八束

俳句例:21句目~

町裏にひとつ橋古る雪ぼたる/松島利夫

石切の奈落にうかぶ雪ぼたる/衣川砂生

立ち止まるたびに日暮の雪螢/平子公一

たましひは紺にてあらむ雪蛍/三嶋隆英

晴れすぎて翳るいのちの雪蛍/福永耕二

若狭井の乾きし榊雪ぼたる/石鍋みさ代

あすなろの林うごかす雪ぼたる/吉田紫乃

夢に来て無言の夫よ雪ぼたる/緒方みどり

武蔵野にゆるぶ日のあり雪ほたる/立澤清

詩碑の詩をとりに来るよな雪螢/大橋敦子

ノートルダム寺院まで蹤く雪蛍/影島智子

雪螢ひとりよがりのやうでもなく/金田咲子

五平餅にほへる路地の雪ぼたる/きくちつねこ

タイトルとURLをコピーしました