山城を使用した俳句

山城に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

山城を含む俳句例

山城の吉崎御坊皐月潮/矢島渚男

山城の郭残りて穂麦哉/正岡子規

山城に鏃びらきの寒蕨/木内彰志

山城の石垣残る茨かな/正岡子規

山城の廓残りて梅の花/正岡子規

月見草山城たりし砦石/山本洋子

御陵山城山かけて冬の晴/滝井孝作

稲妻や山城の山河内の河/高井几董

山城に殘る夕日や稻の花/正岡子規

山城の灯りて遠き去年今年/所山花

信濃には山城多し竹の秋/八木沢京子

初がすみ大和山城色頒つ/能村登四郎

寄り離れ扶蘇山城趾秋の蝶/川崎展宏

山城と川城色なき風の中/竹中碧水史

山城に睨まれて居る寒さ哉/正岡子規

山城のしくれて明る彦根哉/正岡子規

山城の石かけくえし若葉哉/正岡子規

山城の雲にこだます採蓮歌/宮武寒々

山城の風まだ寒き梅見かな/津田仙子

山城も大和も径の犬ふぐり/川崎展宏

俳句例:21句目~

山城の一陣をなす蟻地獄/佐藤夫雨子

鳥帰る佐和山城址石一つ/梶山千鶴子

黒蟻の這へり山城復元図/小林紀代子

丹波山城ふた国わかつ花の塚/巌谷小波

京よりも山城が好き草の花/大峯あきら

山城のとはかは急ぐ時雨かな/黒柳召波

山城の山あきらかに秋澄めり/上野青逸

山城の國のあらくさ刈りはじむ/中田剛

山城へ井出の駕籠借る時雨哉/松尾芭蕉

畑打つて美濃の山城きらめかす/杉良介

破魔矢受く山城の国一の宮/後藤比奈夫

遠足の子ら山城を乗つ取りぬ/小池旦子

山城の画人来りぬ花茣蓙に/長谷川かな女

山城の玉菜は蝶を吐きにけり/鍵和田ゆう子

タイトルとURLをコピーしました