火掻棒を使用した俳句

火掻棒に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

火掻棒を含む俳句例

火掻棒もて割りにけり厚氷/中村雅樹

火掻棒背後に伊賀の寒の闇/鈴木鷹夫

壁炉御す螺旋捻りの火掻棒/中戸川朝人

火掻棒それも燃え出す磯焚火/小林鱒一

火掻棒まつ赤に焼けて感謝祭/陽美保子

火掻棒持つより焚火守となる/稲畑汀子

火掻棒最後に燃やし落葉焚/井関しげる

火掻棒真赤や雪中にて異郷/小檜山繁子

焚火すといつの代からの火掻棒/中村汀女

わが雉子を消して雉子啼く火掻棒/小檜山繁子

タイトルとURLをコピーしました