飴色を使用した俳句

飴色に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

飴色を含む俳句例

湯の宿の傘も飴色春燈/石川桂郎

飴色の竹の物差秋日差/川崎展宏

飴色の陽が解体の藁塚に/山口速

湖を飴色に煮て浦の秋/石川文子

木枯や飴色に父ついてくる/穴井太

歳月の鈍き飴色籐寝椅子/狩野朝子

点滴の飴色春夜の術後妻/奈良文夫

葛水や飴色に透く蝕の月/金崎久子

飴色の病葉落ちて骨の音/高澤良一

茎漬の飴色ゆかし母の里/今泉貞鳳

若蜘蛛の脚飴色に透き通り/坂井建

切干しの飴色に透き母在す/斎藤淑子

日を吸つて飴色兆す青葡萄/富田直治

春雨や鉢の切飴色とり~/五十嵐播水

涸川の飴いろ鴉来たりけり/長谷川双

籐椅子と同齢吾も飴色に/岡本まち子

羽で飛び空では飴色の個人/阿部完市

辛口や蕪飴色に煮冷まして/石川桂郎

飴色となりし円座に村の長/加藤洋子

飴色に坩堝灼けをり秋真晝/内藤吐天

俳句例:21句目~

籐椅子の籐のほつれも飴色に/伊藤敬子

籐椅子飴色何々婚に関係なし/鈴木榮子

蠅取紙飴色古き智恵に似て/百合山羽公

飴色に干上がつて来し吊し柿/来栖泉堂

飴色に澄みて葉月のまむし酒/石川桂郎

飴色に鰺のひらきや冬ぬくし/今泉貞鳳

飴色の籐椅子いまも家長の座/井出千二

飴色の蝿とりリボン湖畔亭/海老原真琴

煮凍りや飴色の汁ころころと/浅田シゲノ

飴色に色の変れば牡蛎焼くる/高島みどり

煖炉燃ゆランプシェードは飴色に/西村和子

蓑虫生れ飴色の身の透くばかり/山田素粒子

飴色のつくしを食べてゐるしあはせ/横山房子

一島を飴色にして昆布干す/金田一波「夫婦島」

タイトルとURLをコピーしました