天界を使用した俳句

天界に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

天界を含む俳句例

天水に映る天界涅槃寺/毛塚静枝

天界の父母に火宅の茸飯/立川華子

天界に塵の狂乱蘆を焼く/石井とし夫

天界に散華きらきら蝉の昼/山口誓子

天界に月と火口湖相照らす/吉野義子

天界に湧く水蒼しお花畑/八牧美喜子

天界に焦すものなきお山焼/高石敏子

天界の供華大輪の揚花火/森田千恵子

天界の入口めきて末黒山/関野八千代

天界へ跳んで白隠雪嶽描く/高澤良一

御来迎天界の露降り尽す/大谷碧雲居

蛇の衣垂れ天界に点る声/河野多希女

天界に仕事始めの縄なふや/曽根原幾子

天界に倦みて風船降りてくる/柴田奈美

天界に火星燃えそふ門火かな/井沢正江

天界のものとし拾ふ沙羅落花/井沢正江

天界の花地に咲けり曼珠沙華/鈴木稔彦

天界へ咲きつぐ沙羅の花のいろ伊丹公子

天界へ一抜け二抜け踊りの輪/男谷卯女

天界へ向け大氷柱叩くなり/金箱戈止夫

俳句例:21句目~

天界やさらに幻らきが雪乳房/折笠美秋

天界や横より雨のごときもの/攝津幸彦

天界を下りぬ暗きに夏蚕見て/木村蕪城

帆をあげて天界めざす水芭蕉/三嶋隆英

椋鳥さわぐ天界不況和音なし/影島智子

泥つけしまま天界の凧となる/八染藍子

炭竃を見て天界を臨みもし/八木三日女

天界に待つ人増えて沙羅の花/伊丹三樹彦

天界に雪渓として尾をわかつ/橋本多佳子

朴咲きぬ天界おのづから青し/ほんだゆき

天界に待つひと増えて沙羅の花/伊丹三樹彦

野火を愛せよ天界にある戦さ人/磯貝碧蹄館

あめゆきは天界の垢冷えゆくはいのちを産みし不灘なる腔/辰巳泰子

タイトルとURLをコピーしました