粗壁を使用した俳句

粗壁に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

粗壁を含む俳句例

赤蕪を吊る粗壁に荒莚/角川春樹

粗壁を貫く筧紙を漉く/谷口雲崖

荒壁に霊通る隙隙間風/加藤水万

涼しさ荒壁落つる竹の風/正岡子規

碁丁々荒壁落つる五月雨/正岡子規

秋日沁む一茶終焉の荒壁に/益田清

荒壁に黴の華殖ゆ十三夜/近藤一鴻

粗壁に裸灯淡し紙を漉く/山田和子

粗壁のらくがき暮るる花菜村/春樹

暮の秋荒壁を日が歩くなり/田中冬子

荒壁に日の差してゐる薄氷/桑原三郎

荒壁に虻狂ひをる西日かな/富田木歩

荒壁をしみ出る煙かかる梅/福田蓼汀

新樹透く夕陽や奈良の粗壁に/桂信子

粗壁に夕日が射して甘藷煮ゆる/柏禎

粗壁に蓑ひとつ吊る鵙日和/橋本榮治

芋がらを吊りて荒壁年経たり/笠原古畦

荒壁に煙草干したる山家かな/水落露石

荒壁に萱の束をば立てかけし/大石暁座

荒壁の如蜘蛛の囲の立つてをり/上野泰

俳句例:21句目~

荒壁の西日に掛けて煙草かな/村上鬼城

粗壁に生れて吉備の黄蝶なり/宮津昭彦

粗壁の土蔵に止まる鬼やんま/桑田明子

粗壁や青麦の穂をくはへつつ/小池文子

荒壁や柚子に楷子す武家屋敷/正岡子規

死の姉がこの荒壁の中にある/石橋辰之助

白鳥消ゆ荒壁の中にギターと星/和田悟朗

粗壁に夕顔咲かせゐたるかな/加藤三七子

赤とんぼたちゆけり粗壁と空/千代田葛彦

荒壁へわざとしからぬ干菜かな/小杉余子

荒壁のぶよぶよとせる雑喉寝かな/茨木和生

すいつちよが鳴く粗壁の匂ひけり/清崎敏郎

粗壁に月のしみ入る韻とおもふ/富澤赤黄男

粗壁のぶよぶよとせる雑喉寝かな/茨木和生

タイトルとURLをコピーしました