一寺を使用した俳句

一寺に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一寺を含む俳句例

曼珠沙華一村一寺一如来/河村昇

山谷や牡丹根分の只一寺/池田義朗

漁歌絶えて久し一寺の雪囲/上村占

男助山見えて一寺や蓬餅/斉藤夏風

訪ねたる近江の一寺雪安居/森澄雄

山国の一村一寺桃の花/木附沢麦青

一寺より春天に消え木こり道/上村占

一山に一寺しくりと真桑瓜/攝津幸彦

五合庵下に草刈るもう一寺/吉田紫乃

実南天一村一寺いくさ経ぬ/斉藤夏風

洛中の千寺の一寺大根焚/百合山羽公

玉縄の一寺手広く芍薬植え/高澤良一

竹秋の一山一寺雨けぶる/下村ひろし

蕗の薹一社一寺は地所続き/安部和子

寺町の一寺一寺の竹の秋/中宮喜代子

雪吊りの雪の一山一寺かな/中野彰一

雪囲ひ解きて一山一寺かな/庄司圭吾

げんげ畦旅の余りを一寺訪ふ/荒井正隆

だるま忌の案内山の一寺より/上原はる

一寺領七谷植うる木の実かな/飯田蛇笏

俳句例:21句目~

一山に一寺浮き出づお水取/小島千架子

塔頭の一寺の湧ける清水かな/尾崎迷堂

浅間山見ゆ黄檗一寺虫干し日/宮坂静生

春の川こえて出自の一寺あり/友岡子郷

目白来て鳴くや御朱印あと一寺/守わこ

福詣で一寺に二福得てたのし/大橋宵火

なにもなき寧楽の一寺の遅桜/星野麦丘人

ひつそりとすみれ一寺を従へり/岩塚晶子

一寺一塔ひつじ田これを囲繞せり/安住敦

一社一寺高処にまもり秋日村/鷲谷七菜子

歩さばなほ一寺一寺の淑気かな/浅川智子

耶蘇島に一寺禅刹烏賊干して/小原菁々子

敗荷となりし一寺のはずれかな/向井/曽代

一社一寺そのほかはみな糸を取る/大橋櫻坡子

タイトルとURLをコピーしました