いもりを使用した俳句

いもりに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

いもりを含む俳句例

井守手を可愛くつきし土の色/中村汀女

いもりよく浮く日戦に破れしよ/杉良介

たゆたへるいもりも聖高野山/松本巨草

定かなるいもりの姿泥動く/楠目橙黄子

新緑の中やいもりの水しづか/中村秋晴

壜のいもり切に素直に尾をふれる/原田喬

水澄めば太古のいもり底を這ふ/山口青邨

泛びきし春のいもりや弥陀の前/堀口星眠

雑跳ぬる網にいもりの動かざる/加藤典昭

黄の充溢水影へ逃げ鈍きいもり/赤尾兜子

石の上にほむらをさます井守かな/村上鬼城

いもりども浮きては沼に霧つくる/丸山海道

いもり棲む神代の日より生きかはり/上村占

みづ山を背にいもりつる童女かな/飯田蛇笏

夏山やいでゆながれていもり棲む/松村蒼石

昼さみしければいもりの泥もぐり/藤田湘子

沈まんとしては浮びていもりかな/高濱年尾

河骨に影うかび来るいもりあり/水原秋櫻子

白雲の野に腹かへすいもりかな/島村元句集

赤腹をちらりと見するいもりの恋/橋詰沙尋

俳句例:21句目~

水草生ふや井守ひよろ~ひよろ~と/鈴木花蓑

いもりかなし神が創りし手をひろげ/橋本鶏二

いもりすと四肢をすぼめて迅きとき/高濱年尾

いもり喰ふ五位を見しより五位嫌ひ/竹下陶子

あげ泥にまみれて這へるいもりかな/高嶋辰夫

水ナ底を歩くいもりに日ざしかな/高橋淡路女

かなしみのごとくいもりの影曳けり/ほんだゆき

泛子引いて釣れしいもりでありにけり/野村泊月

ほそめし眼きらきらいもり死に真似す/加藤知世子

法螺ぼうぼう死真似いもり眼をひらく/加藤知世子

草の上に釣られたりけりいもりの火/長谷川かな女

タイトルとURLをコピーしました