炎ゆを使用した俳句

炎ゆに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

炎ゆを含む俳句例

褐色にかたまつて炎ゆ秋の鶏/原裕

馬市の馬に恪印一地炎ゆ/成田千空

雨蛙西日移りて林檎炎ゆ/飯田龍太

氷点を炎ゆ太陽や樹氷林/曽我部介以

菊花展閉ぢて茜が少し炎ゆ/鈴木鷹夫

昼顔や流沙の波紋金に炎ゆ/石原八束

杜国忌や名残の椿一つ炎ゆ/河合薫泉

天檀の扉の一枚に秋日炎ゆ/横山房子

夾竹桃炎ゆ広島も長崎も/関口比良男

つゝじ炎ゆ浜の崖石みな尖り/河合凱夫

葡萄食む子に光背の没日炎ゆ/佐藤鬼房

蜻蛉きて蒲に少しの水は炎ゆ/西村公鳳

ミサイルの実験砂漠白く炎ゆ/仙田洋子

霍乱や王家の谷の断崖は炎ゆ/石原八束

崖下の首括り小屋に西日炎ゆ/石原八束

幸来ると思ひぬ新樹天に炎ゆ/細谷源二

病めば炎ゆ夾竹桃が家つつみ/松村蒼石

セロリの香かなし冬星青く炎ゆ/内藤吐天

砂丘ただ炎ゆ異国の轍のふかく荒く/太穂

蝶々の吸ひのこす蜜それも炎ゆ/中村堯子

俳句例:21句目~

鎧戸鎖す土用芽白く炎ゆを見て/下村槐太

鐘撞いて僧の瞳が炎ゆ秋夕日/殿村莵絲子

夜寒さのオリオン諸星白く炎ゆ/相馬遷子

美幌路の雷火しばらく楡に炎ゆ/堀口星眠

向日葵が炎ゆ軍服の兄がゆく/ほんだゆき

鶏頭炎ゆ神のこぶしの如く炎ゆ/楠本憲吉

蜘蛛囲炎ゆ蘆生の祭いらだたしや/森川暁水

砲音揺る土間に網刺し幾語を炎ゆ/古沢太穂

寝化粧の鏡にポインセチア炎ゆ/小路智壽子

カンナ炎ゆ愛は一途にひそやかに/石田佳糸子

炎ゆ春日黄瀬戸の肌に沁みて失す/文挟夫佐恵

葉けいとう日々炎ゆ胸の高さにて/柴田白葉女

メーデーゼッケン「酒タバコ値上反対」隊列炎ゆ/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました