伏屋を使用した俳句

伏屋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

伏屋を含む俳句例

紫の片かげ作る伏屋かな/上野泰

蜩に翌の米なき伏屋哉/正岡子規

蜩に翌の米とぐ伏屋哉/正岡子規

わが伏屋若竹一本貫けり/沢木欣一

正月や賤の伏屋も文の數/正岡子規

杜鵑啼くや伏屋の受験生/尾崎紅葉

筵おる伏屋が軒の南瓜かな/中勘助

阪本の湖辺伏屋の木槿かな/尾崎迷堂

坂本の湖辺伏屋の木槿かな/尾崎迷堂

嬉しさは双布で涼む伏屋哉/中川富女

麻茂り伏屋の軒を見せじとす/富安風生

乱菊や蜑が伏屋の網まがき/楠目橙黄子

五月鯉麦に垂れたる伏屋かな/安井小洒

宿題や露の伏屋に子の香満つ/石川桂郎

散り急ぐ花の伏屋に酒器納め/永井龍男

椎茸のいでてうれしき伏屋かな/中勘助

牡丹いけて夏の雲わく伏屋かな/中勘助

蚊の声の中に子の泣く伏屋哉/正岡子規

道ばたの雪の伏屋の鬼やらひ/高浜虚子

露しげき賤が伏屋を訪はれもし/上野泰

俳句例:21句目~

鳥雲に伏屋の女人哲学者/竹下しづの女

美濃も奥雨の伏屋の濃あぢさゐ/山本古瓢

菖蒲葺く安達が原の伏屋かな/大橋越央子

干梅や言はうやうなき伏屋にも/松藤夏山

富士の野は伏屋の障子月ぞ照る/飯田蛇笏

無月の灯漏るる田毎の伏屋かな/木村蕪城

伏屋あり枯木に笠のかけてあり/鈴木花蓑

簾吊り芭蕉布を織る伏屋かな/南上加代子

形代の白さ伏屋のものに似ず/相生垣瓜人

さすらひの伏屋に寒夜の胡桃をわる/中勘助

華葦の伏屋ぞつひの吾が棲家/竹下しづの女

田植着を干して伏屋の通し土間/中村ユタカ

黒南風は伏屋のものを染めつくす/相生垣瓜人

籠雲雀に街衢の伏屋の明け暮るゝ/竹下しづの女

タイトルとURLをコピーしました