海開を使用した俳句

海開に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

海開を含む俳句例

空もまた祓はるるもの海開/蔦三郎

寄せる波大きく返す海開/稲畑汀子

松の根を掃き清めして海開/中拓夫

海開小鳥屋は籠洗ひゐる/友岡子郷

廃船にも同じ白波海開き/鈴木鷹夫

海開かれて整はぬ波の丈/黛まどか

あやかしを畏み畏み海開き/高澤良一

まだ水の四肢に重たく海開/豊田淳応

ハワイヘとつづく海原海開/千原草之

土左衛門欲しがる海の海開/高澤良一

濤音に犬の追はるる海開き/高澤良一

売店はペンキ塗りたて海開/前川千花

雨の降る海を祓ひて海開き/塩川雄三

駐車場の線の真白き海開/荒井千佐代

海の幸供へて島の海ひらく/佐藤信子

引く波に壜の転び音海開き/奈良文夫

浦安を舞ふ巫女稚し海開き/正木千冬

海開き太平洋をまのあたり/小堀弘恵

海開き客なき店の並びをり/伊藤一子

海開き足は足踏みして洗ふ/辻美奈子

俳句例:21句目~

海開き辻の外灯点きしまま/友岡子郷

海開く日より有人駅となる/篠田悦子

声張りて磯の茶店も海開き/藤原たかを

女名のヨットひきだす海開き/品川鈴子

巻貝に汐鳴りとどく海開き/宇都宮八重

砂浜を少し焦がして海開き/岩淵喜代子

救助犬尾をふりあそぶ海開き/橋本榮治

立ち上る波へ塩打ち海開き/豊田八重子

海開きなど思ひつゝ遠くあり/石塚友二

海開まへに泳ぎし青パンツ/百合山羽公

海ひらく波に打ちこむ大太鼓/前田青紀

寝冷児のにはかにふえぬ海開き/三嶋隆英

禰宜病みて海女が幣振る海開き/高橋好温

販売機に電気を入れて海開き/篠田恵衣子

湧きつげる雲の白さや海開き/ほんだゆき

さざえ売りの土着の声に海ひらく/伊丹公子

タイトルとURLをコピーしました