胸毛を使用した俳句

胸毛に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

胸毛を含む俳句例

風流物廻す胸毛へ花吹雪く/菅原康

黄鶲の胸毛恋しき枝移り/椎橋清翠

甚平も胸毛も白き老筆司/菅田賢治

尉鶲朝日胸毛に杭の上/高尾富美子

白鷺の胸毛ちらすや青嵐/寺田寅彦

堂押の胸毛に垂るる蝋雫/秋山美知子

敗戦忌寝ざめの胸毛茫々と/中島斌雄

涅槃西風胸毛に白の容赦なく/加藤学

胸毛濃し海の西日の衰へに/横山房子

鷲老いて胸毛ふかるる十二月/桂信子

麓の胸毛をこぼす春みなみ/加舎白雄

秋風やゴリラの胸毛白きもの/鈴木勇

しら露やさつ男の胸毛ぬるゝほど/蕪村

凍鶴の息つめてゐし胸毛かな/下平初子

初鶏や胸毛の金を打ちふるひ/六本和子

木曾の犬氷りし胸毛鳴らし過ぐ/大串章

箱根越え胸毛の馬子図広重忌/高澤良一

露深し胸毛の濡るゝ朝の鹿/河東碧梧桐

寒雀胸毛の吹かれをりしかな/西川美津子

火祭の火の粉とびつく胸毛かな/出牛青朗

俳句例:21句目~

火酒に燃ゆ胸毛なりけり渋団扇/久米正雄

花牛蒡すずめは胸毛こぼしたり/黒田咲子

高鳴きの鵙の胸毛に朝日さし/高尾富美子

冬のゆたかな雀の胸毛工場暮し/鈴木六林男

声やはらぐ鷽の日あたる胸毛見て/加藤楸邨

春にはかに鴨の胸毛の白くかなし/松村蒼石

親の胸毛に埋もるる子猫の一つは/喜谷六花

真水乏し胸毛吹かせて巨大な鵙/鈴木六林男

鶺鴒の胸毛の黄なる見つつ恋ふる/成田千空

胸毛に五指入れ鴨の屍をいつくしむ/津田清子

胸毛に五指入れ鴨の死をいつくしむ/津田清子

鳩の胸毛やはなやかに神話終りたり/阿部完市

朝焼に胸毛衰ふ雀かな/『定本石橋秀野句文集』

ピカソの胸毛消えて梅雨蒸す地下シネマ/伊丹三樹彦

タイトルとURLをコピーしました