泣き止むを使用した俳句

泣き止むに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

泣き止むを含む俳句例

泣きやめて師へ奉る雪兎/池田澄子

夏葱やつくり泣きする後影/石川桂郎

朝顔や泣きやみて子の深呼吸/中拓夫

時雨とはすぐに泣き止む女の子/吉野精

桜桃忌雨に赤子が泣き止まぬ/池之小町

うり一つだひて泣きやむ子供哉/正岡子規

泣きやすき中年ら寄り菊供ふ/柴田白葉女

泣きやすき娘子となりぬ風邪の妻/上村占

初泣きや二階の我を夫知らず/加藤知世子

泣きやまぬ子に灯ともすや秋の暮/碧梧桐

童女泣きやすし夕日の葱坊主/柴田白葉女

茎立や抱けば泣きやむ赤ん坊/増田三果樹

子が泣きやみ雪国の雪降りはじむ/川崎展宏

梅雨ふかし機上赤子の泣きやめず/吉野義子

泣きやまぬ子供がひとり冷房車/片山由美子

飼ひ殺す螢と知れば泣き止むか/佐々木六戈

泣きやめば落穂拾ひを見てゐる子/斉藤秋声

泣きやんで草矢を高く飛ばしけり/鈴木油山

泣き初めの泣き止みし眸に光あり/柘植草風

猫居らず一夜やもめの泣きにけり/正岡子規

俳句例:21句目~

初泣きやしんしんとして真暗がり/小坂順子

初泣きやひたいのこぶのまた可愛/佐藤輝子

泰山木こずえまで咲き泣き止めり/増田まさみ

洗礼の子の泣き止みて春の夜に/丸山よしたか

独り泣きひとり泣きやみ橇あそび/千代田葛彦

泣きやめてなほ夕焼けてゐたりけり/林原耒井

泣き羅漢の泣き止むを待つ赤のまま/小島千架子

泣きやみしひととき星をみつめゐし/栗林一石路

熟柿のつめたさ吸ひ込んで泣きやんだ子/大橋裸木

遠き子供の泣きやむまで梨見つめをりし/宮林菫哉

泣きやみておたまじやくしのやうな眼よ/西村和子

泣きやめばみめよき子なりゆすら梅/風間八桂「ホ誌雑詠選集」

タイトルとURLをコピーしました