さみしを使用した俳句

さみしに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

さみしを含む俳句例

百年の牡丹さみし瞽女祭/西本一都

萍に真昼さみしく松の風/遠藤梧逸

梅雨深しさみしくて発光す/小澤實

さみしさや谺返しの威銃/小林康治

門さして寺町さみし三ヶ日/村上鬼城

総武線さみしき頃の草の花/尾関乱舌

さみしさが拳握らす啄木忌/衣川次郎

夕東風や棟上さみし家の様/三砂吟月

水に映ゆ茜さみしも鶴の里/大橋敦子

八重桜さみしきものに革鞄/宮坂静生

さみしさの往き来の翅音冬椿/斎藤玄

さみしさの種無柿を食うべけり/鷹女

靴脱いで蹠さみしき涼み舟/館岡沙緻

色持たぬ家糸図さみし彼岸花/対馬康子

啄木忌さみしくなりて逆立す/吉田未灰

船沖に遊女さみしきふところ手/森田峠

み仏の大き掌さみし鳥雲に/河野多希女

さみしくて口を涼しむ薄荷糖/村越化石

紙雛さみしきかほを並べけり/三橋鷹女

白鳥に餌撤き声かけ男さみし/藤田湘子

俳句例:21句目~

白をひと飲みにして喉さみし/棚山波朗

玉階の夜色さみしき芭蕉かな/村上鬼城

爪切つて手足さみしき目借時/鷹羽狩行

炎天の深ささみしむ胸反らし/村越化石

喰ふための前傾さみしところてん/林桂

さみしめば早春の月水の面に/伊藤京子

海よりも野菊さみしき色見せて/樋笠文

さみしさに早飯食ふや秋の暮/村上鬼城

螢袋さみしきときは首を振る/青柳照葉

母の臍さみしかるべし月見草/宗田安正

君はきのふ中原中也梢さみし/金子明彦

榛咲くや真昼さみしき塩屋岬/大島鋸山

螢に水吹いて唇さみしくす/鈴木真砂女

松の花砂丘さみしく黄に乾く/西本一都

薫風も夕べさみしくなりにけり/西村数

宇宙さみし一月のコーヒー店/酒井弘司

公をさみしき顔となりて食ふ/草間時彦

冬の湾さみしき波の詰まりたる/大串章

夫婦鴨さみしくなれば光り合ふ/松本旭

杣が子に日中さみしき清水かな/原石鼎

俳句例:41句目~

夕暮の手がさみしくて泰山木/金田咲子

花屋敷雪とまがうて鶴さみし/細谷源二

さみしさや霰逃れし方の枯れ/小林康治

朝顔も終りし路地の雨さみし/菖蒲あや

鞁置く熱砂さみしく波立たせ/対馬康子

花八ッ手さみしき礼を深くせり/籏こと

岩に棲む鷹さみしくて鳩となり/富樫均

オリーブの花満開の島さみし/小夫香久之

人気なき銀座さみしき三日かな/上段民恵

冬青空瑞枝さみしきときもあり/飯田龍太

かもめより海鵜さみしき城ヶ島/丸山哲郎

さしあげて双手さみしき父の日や/北光星

口中のさみしや竹の根を切れり/宮坂静生

源義忌の供華の賑ひさみしけれ/角川照子

夜ふかしの口さみしさに衣被/片山鶏頭子

寮住のさみしき娘かな雛まつる/杉田久女

射的場の桜さみしくなりにけり/吉田紫乃

山茶花や紅斑の少しさみしくも/鈴木花蓑

干潟踏む素足の白くさみしけれ/高澤良一

さみしからず寒菊も黄を寄せ合へば/秩父

俳句例:61句目~

日当れば磧さみしき曼珠沙華/鷲谷七菜子

さみしくて白地を見せる秋の蝶/齋藤愼爾

さみしくて秋草を噛む一文字/長谷川秋子

さみしくて肺を緑に染めてみる/松原秀行

桜草かへりみすれば色さみし/高橋淡路女

横浜に来てさみしさよ人の名は/桑原三郎

さみしくて金の水に指つつこむ/菖蒲あや

母の亡きさみしさ灯火親しむ子/服部圭佑

洗濯機さみしくまわす銀河など/対馬康子

町さみし五加木青垣露地露地に/宮坂静生

秋の蝶さみしき色に崖のぼる/柴田白葉女

秋の蝶さみしさに見れば二つかな/泉鏡花

落鮎を待つ簗さみし幣白く/長谷川かな女

さみしさに煮て凍豆腐芭蕉の忌/小池文子

葉ざくらの口さみしさを酒の粕/安東次男

蛇穴に手足さみしくなりにけり/市場基巳

さみしさのいま聲出さば鴨のこゑ/岡本眸

言ひ勝ちし嚏のあとの口さみし/小出秋光

誘拐さみし苗代に着き児にパンを/島津亮

さみしさの昼寝の腕の置きどころ/上村占

俳句例:81句目~

さみしさの極みの雪の積るなり/石飛如翠

身軽くて否さみしくて鵙の晴/神尾久美子

透きとほる葛湯さみしき寝正月/中村苑子

雪の止むさみしさよ木の姿して/齊藤美規

さみしさを渡舟がつなぐ冬の景/宇咲冬男

すでに少女さみしい木馬を廻す/宮坂秀子

すみれ摘むさみしき性を知られけり/鷹女

ぬきんでて虚空さみしき今年竹/小林康治

さみしくて虫売は虫さわがすや/成瀬櫻桃子

風邪薬さみしき女優のごとく飲む/対馬康子

うすもののひとの空咳さみしめり/藤田湘子

さし入りて西日さみしき鵜籠かな/石原舟月

海を見て春の雁見てさみしくなる/菖蒲あや

さみしいか淋しくはなし地虫出づ/藤田湘子

さみしいキリン雲の彼方に村が見え/穴井太

睡れば忘るさみしさ遠く虫が鳴く/菖蒲あや

さみしい日どもり郭公まねて見る/石川文子

ラーメンの縮れさみしき十二月/篠塚千恵美

寝るまでの口さみしくて玉子酒/越智竹帆子

君来ねば円座さみしくしまひけり/村上鬼城

俳句作品例
スポンサーリンク
管理人をフォローする
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました