口上を使用した俳句

口上に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

口上を含む俳句例

口上のせいぼ使や古男/黒柳召波

書初や口上の覚えけふの礼/兼豊

髭づらの口上やさし衣くばり/葛井

田遊びの口上長き佐渡訛/山崎羅春

お使ひの口上上手お年玉/星野立子

草餅や口上云はぬ使の子/小杉余子

蕗の薹貰ふ口上いつも同じ/及川貞

薬効の口上ながしガマ祭/楚阪和彦

口上の裃秋の蠅一つ/長谷川かな女

口上や花楓降る村歌舞伎/加藤耕子

おぼつかな蜑の口上舟芝居/井上波二

だるま市捌く口上下がかり/平畑静塔

口上に雨欲しきこと夏芝居/阿戸敏明

口上の幾久しくと百合匂ふ/平間裕子

口上の老優ことに冬ぬくし/都筑智子

口上を風が持ち去る一の酉/川上澄男

絹羽織を脱ぎ口上の獅子踊/山崎羅春

文もなく口上もなし粽五把/服部嵐雪

蟇の油の口上聞くや山笑ふ/高木和風

走馬燈売る口上はなかりけり/樋笠文

俳句例:21句目~

さりげなき二月礼者の口上や/春山璋子

なまはげの解せぬ口上秋田弁/杉山青風

七草の口上祖父の口伝にて/滝川ふみ子

口上に違はぬ西瓜売り切れて/山脇睦久

口上のはてて詠るやなぎかな/立花北枝

口上の女形涼しき声を張り/木曽シゲ子

早い口上私椿の木たちに伝う/阿部完市

悪態も口上とぶよに西瓜売れ/川村紫陽

雛流し神事おだやかなる口上/高澤良一

口上を述へたりな鮭の四半分/尾崎紅葉

あびせらるべったら市の売口上/高澤良一

つくつくし前口上を端折りけり/高澤良一

曼珠沙華咲きて口上ありさうな/後藤夜半

秋の七草逃げ口上も売っている/市原正直

壬生狂言をはる口上なかりけり/高橋克郎

顔見世や口上木偶の咳ばらひ/水原秋櫻子

タイトルとURLをコピーしました