母を使用した俳句

母に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

母を含む俳句例

玉椿八十八の母の息/桂信子

霧の奥より母の声谿の声/裕

鏡餅母在して猶父戀し/暁台

強清水母は一日影育て/原裕

木枯や母の紅衣が嬰包み/林翔

九十の母の喜び冬桜/高木晴子

鳥追や背中で母を呼子鳥/元夢

父島と母島結ぶ春の海/石寒太

兜虫母は兜が嫌ひなる/楠節子

人影の眼元は母の女武者/林翔

湿苔の花の鬱々母匂ふ/石寒太

父の唄母の舞澄む雪の山/原裕

望月を光背母の遅帰り/楠節子

空蝉の中も夕映母の国/今井聖

母の挿す柊低し厨口/岩崎恵一

飯強し母の着給ふ白絣/桂信子

父へ詣母へ買ひきし桜餅/原裕

更衣遺影の母はいつも縞/林翔

磐梯に峰雲の照り母働く/原裕

母一人子一人の冬門に牛/原裕

俳句例:21句目~

鳳梨や恋越といふ母の郷/林桂

更衣母の形見の鯨尺/辻村照子

初茜母の竃火地に展く/竹中宏

雨蛙母の通ひし寺を訪ふ/原裕

十五夜や母の薬の酒二合/木歩

卯花も母なき宿ぞ冷じき/芭蕉

厨にて母聞く父の祭笛/林昌華

風車母に渡せば又廻る/多賀子

同座して老母も屠蘇の小杯/衛

送火や母が心に幾佛/高濱虚子

母長寿たれ家裾に冬の草/林火

母こひし夕山櫻峰の松/泉鏡花

藪入や古びし母の姿見に/霽月

姉母似妹母似鳳仙花/坊城俊樹

蕪白し順縁に母送らねば/秩父

落日の母恋唄や棗もぐ/住素蛾

母の背へ庭木春色漂はす/原裕

少年に母の面影白絣/長谷川櫂

母病みて桜紅葉の遠き嶺/原裕

年々の妻の母なり青楓/小島健

俳句例:41句目~

母に似て一線を縫ふ夏鴎/原裕

紅梅や母の文箱に父の文/原裕

八十の母が出歩く寒桜/外川飼虎

かがみ餅母在して猶父恋し/暁台

母何か叫びしごとし霜の家/原裕

もてなしの白飯も母心/高野素十

梅に瞠く薄明の母の眸か/桂信子

朝顔や母の手ずれの舞扇/森孝子

母も吹く鶯笛や旅の春/岸風三楼

短かめに母の散髪柿若葉/林和子

瞬ける失語の母や冬旱/堀口星眠

畑歩く二月の鴉母衰ふ/服部一彦

梅の夜や誄詞は母称へ/荒井正隆

梟や米櫃に母米満たす/榎本好宏

風にのる母と麓の梅祭/宮坂静生

父五十年忌の母に菊枕/茂恵一郎

空耳に母の声あり吾亦紅/和田登

栗拾ふ天地に母の老い深し/原裕

母いまも竹の物差春隣/友岡子郷

病窓の一つは母の春灯/鈴木昌江

俳句例:61句目~

探梅の母を伴ふ一青年/三橋鷹女

白米を一升母へ盆帰り/沢木欣一

黒葡萄童は母の倍も酸し/楠節子

炎帝に母二人来て帯祝/都筑智子

生家には諭吉が母の砧槌/森田峠

今生の母今生の夕桜/西嶋あさ子

秋彼岸母の遺せし鯨尺/藤井達男

父も母も妻も仏や新小豆/森澄雄

棚経や水の如くに母在す/山川子

黄落や子と母に毬弾みをり/沢聰

父の命母の命や震災忌/京極杞陽

撫肩の母夢に来よ宝船/松本美簾

八十の母の音楽豆砧/成田智世子

木枯しや母の紅衣が嬰包み/林翔

正月も母なき宿ぞ物さびし/蝶夢

上弦の月母と犬我と犬/岩瀬弓彩

故郷の母と姉との初便/高浜虚子

魂祭先導をする母の鉦/大石英子

母の忌の花屋の桃の固蕾/岸田稚

仏名の母と会ふなる髢草/角光雄

俳句例:81句目~

七十の母の煮炊の蜆汁/柳沢洸洋

麦飯や母にたかせて仏生会/其角

七夕の竹を貰ひに母の家/上野泰

皸をかくして母の夜伽かな/一茶

馬追の障子一重に母の影/長田等

鷺草や家の奥より母の声/関一路

梅若忌哀しき母の舞を舞ふ/篠原

母に娘に十一月の花鋏/菅原鬨也

皸や母の看護の二十年/正岡子規

元日の日向の母に鶏集まる/直人

橙や母が手織の絣欲し/石田波郷

灌仏や桐咲くそらに母夫人/鏡花

母に客我にも客や冬籠/星野立子

兄自殺母水死吾夢遍路/星野石雀

病よき老母が甘ゆ忘れ雪/岸田稚

母人や病をおして魂祭/清原枴童

青蛙母の精根つきざるや/原田喬

鰻焼き一筋の母赤褐色/青木節子

時鳥母喪ひし人に啼く/山田弘子

文旦の皮の厚さよ母の恩/早崎明

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました