市中を使用した俳句

市中に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

市中を含む俳句例

鳥騒ぐ市中遠く残る雪/几董

市中や苗代時の鯰売/正岡子規

市中は海の音かな十三夜/斎藤玄

市中はものの匂ひや夏の月/凡兆

市中や木の葉も落ず不二颪/桃隣

市中にかかる藪巻厭離庵/山本三才

市中にひねもす動く柳哉/正岡子規

市中に恋する馬や春の風/守屋青楓

市中に蛍一つのさわき哉/正岡子規

市中に鳥屋が森や渡り鳥/会津八一

市中の大きな寺や秋の暮/田村木国

市中の秋灯として灯りけり/辻桃子

市中や大根船の並びつき/小杉余子

市中や雪ちらちらと晝嵐/正岡子規

市中ノ山ノ茂リヤ煉瓦塔/正岡子規

市中は物のにほひや夏の月/野沢凡兆

市中に君に飼はれて鳴く蛙/夏目漱石

市中に落ちあふ妻の頭巾哉/正岡子規

市中に隠れ卯の花腐しかな/吉井莫生

市中の暑さに中り男かな/阿波野青畝

俳句例:21句目~

市中やにわかに秋の行く夕/正岡子規

市中は物のにほひや夏の月/野澤凡兆

市中や砧打ち絶えて何の聲/正岡子規

市中の穂麦も赤み行春ぞ/芥川龍之介

市中や賣られて通る冬の梅/正岡子規

市中や逃げて雉飛ぶ夜の雨/会津八一

市中や閨の灯見えて焼残り/村上鬼城

干あぶる市中に来て冬深き/室生犀星

裏白や市中にして古る路標/木村蕪城

金鉢市中にして映す山/長谷川かな女

市中にふくべを植ゑし住まひかな/越人

市中の日にしほれたる蕨かな/藤野古白

市中や馬にかけ行凧のぼり/伊勢-団友

鰡の血眼春の市中負われゆく/赤尾兜子

市中に枯野のありて泊りけり/吉岡禅寺洞

ロシア木材寒く大きく市中ゆく/伊丹公子

市中にはらわたを煮る露の日々/田川飛旅子

タイトルとURLをコピーしました