ちらちらを使用した俳句

ちらちらに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ちらちらを含む俳句例

ちら~と初雪ふりぬ波の上/子規

灯ちら~疱瘡小家の雪吹哉/一茶

灯ちら~どの皃つきも夜寒哉/一茶

陋巷や雪ちら~と年歩む/清原枴童

雪ちら~一天に雲なかりけり/一茶

ちら~と空を梅ちり二月尽/原石鼎

ちら~と風に花あり烏瓜/井沢正江

潮先のちら~見ゆる初茜/和田鳥峰

水草の針芽ちら~水を出づ/松藤夏山

腸が古びん昼の雪ちらちら/高澤良一

春めくや西日に小鳥ちら~す/原石鼎

水草の針芽ちら~水を出づ/松藤夏山

ちら~と陽炎立ちぬ猫の塚/夏目漱石

大茶盛蝶ちら~の西大寺/阿波野青畝

ショウマ等ちらちら兎平かな/高澤良一

玉暖簾ちらちら子ども覗きに来/樋笠文

雪ちらちら笹子ちらちら峠越/大橋敦子

ちら~としぶく水あり濃山吹/野村泊月

ちら~とちる花も見え花の雲/鈴木花蓑

山の萩ちら~小さき花を持つ/高木晴子

俳句例:21句目~

消えがてに漁火ちら~と夕霞/鈴木花蓑

濃き日射ちら~こぼし葡萄狩/山口七重

ちら~と色鳥のくる伊豆の風呂/飴山實

耳を打つちら~雪や夜の橇/楠目橙黄子

何の歓喜か病者らに雪ちらちら/金田咲子

雪ちらちら峠にかかる合羽かな/夏目漱石

うす月に火山灰ちら~す花大根/高田蝶衣

松葉牡丹ちら~白も咲きそへる/鈴木花蓑

ちら~と凧見えそめぬ花の雲/島村はじめ

死は何かどまん中なり雪ちらちら/金田咲子

雪ちらちら時にさんらん松にふる/佐野良太

雪ちらちら鵯の遠音をなつかしむ/臼田亞浪

川床に居る舞妓ちらちら橋を見る/成瀬正とし

話ちらちら東をどりにふれがちに/成瀬正とし

住み老いて飲む茶碗のお湯焚火ちら~映り/安斎櫻カイ子

タイトルとURLをコピーしました