命日を使用した俳句

命日に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

命日を含む俳句例

命日を髪結あそび菊膾/後藤綾子

原爆忌命日同じ墓ばかり/齋藤朗笛

房州より椿も届き御命日/三谷貞雄

早桃を供へて姑のお命日/井上ゆき

猫の子の命日をとぶ小てふ哉/一茶

命日のけふは夕餉も茄子汁/小松月尚

命日の星いち早し花茶垣/大峯あきら

朴の花友の命日あそぶべし/宮坂静生

松落葉父の命日過ぎにけり/川崎展宏

狐火を見て命日を遊びけり/黒田杏子

秋の薔薇句読点めくご命日/中山純子

うまずめの妻の命日雛流す/高松勝々子

命日の軒の垂氷をくぐりけり/寺井谷子

如月の船出せし日を命日に/竹末春野人

燭をつぐ月命日の青みかん/荻原あや子

痰壺ずつと向うの痰壺父の命日/上月章

胡瓜もみ命日の日の高上り/大峯あきら

風光るけふ命日の句碑の艶/下村ひろし

命日のかち合ふ火鉢ふたつみつ/中原道夫

命日の近づく花鶏あそびをり/佐々木六戈

俳句例:21句目~

山葵田の水つんとくる子の命日/田中清甫

サイネリヤ抱き命日と知らで来し/宮田登喜子

祥月命日ですゼブラボールペンの赤/望月精光

いつも父の命日にきれる僕の定期券よ/内田南草

出会ひとは今を命日とする塒だらうか/加藤郁乎

土筆ぽかんとしてゐるうちに命日過ぐ/高澤良一

開戦の日ではなくジヨン/レノンの命日と紹介さるる十二月八日/小野雅子

タイトルとURLをコピーしました