一盞を使用した俳句

一盞に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一盞を含む俳句例

桂郎に一盞献ず衣被/浜明史

惜別の一盞ここに白舟/高野素十

本売りて一盞さむし春燈下/楸邨

一盞の佳き酒なりき午祭/神坂光生

勇忌の一盞の酔早きかな/上村昭夫

一盞の海傾けて若布刈舟/市堀玉宗

蝮酒一盞草の香に満てる/檜山哲彦

水馬湧く一盞の水に足り/古舘曹人

一盞をうなづき干して初笑/杉本零

一盞に高々と置く稲の花/伊東達夫

惜春の一盞に酔ふ法善寺/小松崎爽青

水澄むや一盞に人かたむきて/上村占

脱稿すと夫一盞の藍目刺/平井さち子

茄子牛となり今宵紺青一盞の/上田玄

一盞に月も昇りぬ文化の日/石塚友二

一盞の冷酒に命あつきかな/巌谷小波

一盞の火となりおほす花篝/行方克己

調律師にも一盞を夕ざくら/木村蕪城

年酒一盞尊氏と酌む陣揃ひ/田中水桜

さくら草一盞に母染まりたる/水沼三郎

俳句例:21句目~

一盞のベルモット書斎冬深し/山口青邨

一盞の酔ひ頬にあり山ざくら/吉田汀史

一盞のはや色に出し夕霧忌/鷲谷七菜子

みほとけに一盞献ず除夜の燭/木村蕪城

ひそかにも自祝一盞ぬくめ酒/稲畑汀子

治聾酒といふ一盞をまづ母に/角川照子

島帰る鳥に一盞またわれに/小檜山繁子

なお長途夏宵一盞くみ交す/宇多喜代子

ありがたや古酒一盞に震ふ手も/石川桂郎

からしあへの菊一盞の酒欲れり/巌谷小波

初端午こよなき鳥の声が降り/鷲谷七菜子

一盞を惜しまず鬼城まつりけり/小林康治

山の木の葉音さやかや夏至の雨/鷲谷七菜子

祇園会のちかづく笹の青さかな/鷲谷七菜子

薄墨桜逢ひ得たりあまごに酒一盞/福田蓼汀

つはもののおろがみたぶる居蘇一盞/小林康治

タイトルとURLをコピーしました