たなごころを使用した俳句

たなごころに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

たなごころを含む俳句例

ぼうたんを剪るに怺へし掌/原裕

放ち甲斐なき冬蝶をたなごころ/林翔

三角に蕎麦種嘆くたなごころ/萩原麦草

新茶揉む晩年厚きたなごころ/大畠新草

旅の僧見送る栗をたなごころ/村越化石

桃摘花夕日に翻すたなごころ/木村蕪城

玉虫に秋惜しむ情たなごころ/飯田蛇笏

若芝の弾力に似したなごころ/加藤三陽

螻蛄の夜を蹠掴むたなごころ/下村槐太

豊年の一穂を置くたなごころ/鷹羽狩行

たなごころ向けて遮る西日かな/京極杞陽

たなごころ桃のかたちに桃洗ふ/櫨木優子

たなごころ薬降るよと広げたる/上村佳与

冬に入る仏の厚きたなごころ/片山由美子

吹初やまづその重みたなごころ/福本啓介

絶望の代はりに桃をたなごころ/櫂未知子

菊かほる如来の厚きたなごころ/宮田祥子

輪飾を焚きし匂ひをたなごころ/大石悦子

たなごころ墨によごさば蘆刈らむ/田中裕明

たなごころ当てて暮春の城の石/大岳水一路

俳句例:21句目~

たなごころ月にひらきて踊るかな/鈴木貞雄

初雁やかすかに湿るたなごころ/ほんだゆき

四万六千日赤子に熱きたなごころ/辻美奈子

奈良墨を磨るたなごころ夜の秋/杉浦かずこ

形代の佳き御名に置くたなごころ/都筑智子

畑打ち終へ洗へば紅きたなごころ/川口重美

老い下手や綾の手毬をたなごころ/野澤節子

ぎんなんをむいてひすいをたなごころ/森澄雄

出来秋のあきたこまちをたなごころ/小林呼渓

雪虫のひとつの死所をたなごころ/能村登四郎

梅雨憂しやひらきて白きたなごころ/長谷川浪々子

タイトルとURLをコピーしました