風起るを使用した俳句

風起るに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

風起るを含む俳句例

初山の一岩塊ぞ風起す/下田稔

風起る落花の中の群集哉/正岡子規

野火放ち男走りて風起す/吉岡好江

岩魚酒酌めば風起ち厄日前/小島健

提灯に風起りたる天の川/萩原麦草

空城や稻妻落ちて風起る/正岡子規

板踏んで序の風起こす蛇苺/田中水桜

柴焼いて下萌の風起りけり/室生犀星

瀧の月散るや毛穴に風起る/正岡子規

古き世の風起す扇真白なる/中島月笠

白き風起る干瓢干場かな/福田千栄子

蝉非力一陣の風起てば墜つ/高澤良一

遠雷や森に音なき風起る/今井つる女

風起る音を聞きつゝ枯木道/鈴木花蓑

夏萩や地べたを伝ひ風起てり/高澤良一

蓮丸葉ついと流るる風起ちて/高澤良一

蹤く妻に砂丘の月は風起たす/森川暁水

遠野火がなに秘む夜闇風起し/河野南畦

羽撃きて白鳥しろき風起こす/官西和子

たばこ喫うてをれば驟雨の風起る/瀧春一

俳句例:21句目~

ヘリポート蝶が小さな風起こす/吉原文音

包み井を開く手元や風起こる/有田風蕩之

夏落葉卑弥呼ひみこと風起す/河野多希女

日蝕すること八分芭蕉に風起る/正岡子規

蝉逃ぐるぶうんと熱き風起たせ/高澤良一

秋の夜半風起きて行く枝葉かな/室生犀星

見てゐたる敗荷に風起りけり/大久保橙青

涼しさや雨ならんとして風起る/正岡子規

風起りあるかなきかの色残る/佐々木六戈

机上に風起ちて空蝉吹き転がす/高澤良一

団扇手にとりてぬるめの風起こす/高澤良一

見に入むや風切れば風起こるなり/上島顕司

犬ふぐりさびしきときは風起こす/渡辺桂子

蓮田風起ちて形代流しかな/石田波郷「酒中花」

黒揚羽舞ひ来て樹下に風起す/茂恵一郎「六白金星」

タイトルとURLをコピーしました