雑踏/雑沓を使用した俳句

雑踏/雑沓に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雑踏/雑沓を含む俳句例

雑踏の更に雑踏初戎/新子禎自

盆僧の羅硬し雑踏裡/殿村莵絲子

雑踏へ花売車押し入れよ/香西照雄

雑踏におのれを暗く暦売/鷹羽狩行

中国の雑踏に買ふ栗小粒/犬伏幸枝

雑踏の三社祭が動きゐし/稲畑汀子

雑踏に托鉢の鐘白露かな/松浦都也

桜餅買ひ雑沓に流されぬ/宮坂静生

懐手して雑踏を逆らへる/浜田和子

白日傘すぐ雑踏に紛れけり/中里孝

祭馬ひいて天満の雑沓に/土山紫牛

雑踏と別に空あり揚花火/稲畑汀子

雑踏を一直線にパナマ帽/山田一男

雑踏に人影交錯して冬へ/谷口えい子

雑沓を出て碧空の寒さかな/中島月笠

歳晩の雑踏故人まぎれぬる/山口青邨

水仙の香の雑踏の中にあり/石田郷子

雑沓を見て傘役の日向ぼこ/西本一都

雑沓の中に草市立つらしき/高浜虚子

雑踏の中の孤独や春愁い/井上かつ枝

俳句例:21句目~

赤い羽根つけ再びの雑踏に/小島左京

氷塊を挽く雑沓の中に立ち/右城暮石

雑沓や街の柳は枯れたれど/高浜虚子

雑沓に時たま売れてゆく暦/牧野愛子

春の雑踏少年龍を思い立ち/和田悟朗

雑踏が祇園祭となりにけり/稲畑汀子

蒸鮓の浪速の湯気を雑踏に/藤村克明

雑踏を抜け敗戦の日の画廊/門みのる

雑踏や佞武多を惜む人々に/佐藤静良

雑踏や街の柳は枯れたれど/高浜虚子

桃売の夜の雑踏ににほふなり/辻桃子

雑踏を出て来し胸に赤い羽根/長田等

雑踏を夫にかばはれ初戎/上野美代子

雪ながら初金毘羅の雑沓に/池田光枝

野いばらは聖母の龕や雑沓に/小池文子

雑沓の吉兆にふれ傘にふれ/田畑美穂女

雑沓の名残り猶あり夕月夜/中口飛朗子

骨董もならべ雑踏初金毘羅/小川濤美子

雑踏に捨てし愁ひや柳散る/鈴木真砂女

雑踏に童女の手套踏まれづめ/品川鈴子

俳句例:41句目~

雑踏のお閻魔さまへ汗かきに/山口青邨

雑踏のなかにあがる手黄落期/千葉皓史

雑踏のみるとみらいの松の内/小山耕吟

雑踏も潮のにほへり一の酉/蓮尾あきら

夕暮を負い雑踏のひとりたり/鳴戸奈菜

棕梠の日の雑踏に喉乾きけり/柏原眠雨

雑踏や桐の一葉に敲かれし/鈴木六林男

日記買ひ夜の雑沓に紛れけり/星野高士

父の日の余りし刻を雑沓へ/友永佳津朗

竪機の音かと雑踏を抜ける風/伊丹公子

羽子板市の雑踏にゐて首寒し/永方裕子

雑踏を抜け寺町へ蕪村の忌/大山清治郎

雑踏を足で見ているはつなつ/金城けい

雑踏を顔の流るる羽子板市/片山由美子

追儺会のこの雑踏に鬼もゐる/塩川雄三

雪祭去り雑沓を持ち去りし/嶋田摩耶子

転勤雑沓駅の硝子は耳で埋まる/寺田京子

雑踏をゆく牡蠣提げし右手冷え/佐野美智

母の日の来る雑踏裡塩を買ふ/殿村莵絲子

ポインセチア雑踏の踏む力かな/瞳/一如

俳句例:61句目~

雑踏に紛れきれざる寒さかな/片山由美子

雑踏を見てゐる屋根の師走猫/猿橋統流子

ゆく年の娼婦雑沓にまぎれぬる/岸風三楼

雑踏の渦くぐり抜け日記買ふ/佐藤美恵子

うつつや冥き無言の雑踏地蔵盆/成田千空

雑踏へ鵙の鋭声がきらきら降る/坂戸淳夫

古書街の雑踏というわすれもの/高橋比呂子

足袋脱ぐや汝が肩埋めしかの雑踏/香西照雄

船頭帽子かぶつて冬夜の雑踏へ来た/大橋裸木

雨の雑踏雨衣より垂れ労働者の手/鈴木六林男

香奠懐ろにして冬夜の雑踏を抜ける/大橋裸木

雑踏やラムネの泡と空の色/永方裕子「麗日」

羽根折れ天使みた教会バザーの雑踏で/伊丹公子

梅雨の雑踏よりチェーホフ祭に加はる/伊藤敬子

駅雑沓どこかで栗のはなさける/『定本石橋秀野句文集』

八月の雑踏に来てわが耳へもっとも近き死者を呼び出す/田島邦彦

タイトルとURLをコピーしました