土曜日を使用した俳句

土曜日に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

土曜日を含む俳句例

青を以て聖土曜日の切通/柚木紀子

鉄鉢に荒磯の匂ふ寒土曜/斎藤梅子

袴ぬいで梅の日曜土曜かな/正岡子規

土曜日の光る燕に追い越され/穴井太

霜晴や土曜休みの息ひとつ/草間時彦

土曜日の白靴を抱き麻工女/西本一都

鮟鱇の土曜の町に吊られけり/成井侃

聖土曜泊るときめて鼠馳す/角川源義

やはらげる夕雲一朶聖土曜/古賀まり子

半身を魚に囲まれている土曜/五島高資

土曜市草の匂ひの寝茣蓙買ふ/平野山石

土曜日の妻の手に桃滴れり/肥田埜勝美

土曜日の月の出てゐる三平忌/遠藤梧逸

白波なり土曜の夜の吊革に/高野ムツオ

船室のカレンダー土曜春の風/中村汀女

土曜日は吾もさざなみ蒸鰈/高野ムツオ

雨の芙蓉土曜の午後はただ眠し/樋笠文

土曜日の白南風白い影は誰/諸角せつ子

伊豆に入る聖土曜日の鳥のこゑ/古舘曹人

博士の背土曜の森に消えたまま/滝口千恵

俳句例:21句目~

土曜の電車別の電車の鼻もゆき/金子兜太

土曜日の王国われを刺す蜂いて/寺山修司

秋晴るる土曜の午後の公園よ/成瀬正とし

土曜日はたのし出てゐる春の月/大島三平

土曜日の首掻きにくる曼珠沙華/坪内稔典

日脚のぶ土曜の午後の彼彼女/成瀬正とし

土曜日はきつと雨降る曼珠沙華/原田青児

土曜日の午後にはじまる神の旅/今井杏太郎

土曜日の午後も事務とる西日うけ/三野虚舟

土曜日の日比谷のそらを円と見る/渡辺白泉

秩父などに垂れ土曜日の花火かな/大屋達治

聖土曜ローソクの灯を貰ひ次ぐ/田中加代子

茶の花が咲けり土曜に辿りつく/千代田葛彦

馬車駆りて聖土曜日や羅馬さやぐ/小池文子

土曜日のまためぐり来し白夜かな/久保田万太郎

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ