日時計を使用した俳句

日時計に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

日時計を含む俳句例

燈台の影が日時計汐干狩/藤井旦

日時計は銅の塊り冬の湾/今井聖

日時計の影は三角山の夏/大橋敦子

満月に日時計あらぬ方に影/真部静峰

短日の子等日時計より四散/加藤耕子

穴出でし蟻日時計の針先に/柏原眠雨

遠景に船丘の日時計夏急ぐ/河野南畦

日時計の刃が撫で切りに落椿/澁谷道

日時計の秒針速し初ざくら/菅原星夫

日時計の針は一本日の短か/高橋悦男

日時計や立待月のかげ深し/福田葉子

塩竃の宮の日時計秋日濃し/高鴨アヤ子

柳散る日時計刻をきざみ了ふ/原田青児

日時計は落葉に埋もれ時刻む/高澤良一

羅須地人とは日時計に鶏頭花/宮坂静生

黒耀石にもどる日時計鳥曇/中戸川朝人

師走ひと日時計の埃はきにけり/室生犀星

彩榻につよき葉洩れ日時計草/千代田葛彦

教会の錆びし日時計木の実降る/室谷幸子

日時計に春雷すぎし日がもどる/大島民郎

俳句例:21句目~

日時計に狂ひなし夏旺んなり/山口波津女

日時計に針なく冬日移ろふや/下村ひろし

日時計のちようど十二時小米花/三苫時子

日時計の翳ながながと日の短か/玉木愛子

日時計や復元花圃に冬芽満ち/下村ひろし

日時計に立つ時の日の蘭館址/山野邊としを

日時計のパンジー咲いて刻告げる/阿部朋子

日時計や酸橘ふたつをポケツトに/宮坂静生

時の日の日時計刻まぬまま暮れぬ/福田和子

炎天に彳ちてわが身の日時計に/吉田ひろし

日時計の今日が始まるほととぎす/丹羽啓子

日時計や薔薇垣あをき海を截る/相生垣瓜人

日時計のぞく五月愉しき貌ばかり/成瀬桜桃子

日時計を薔薇垣越しに読みゆける/相生垣瓜人

フラミンゴの足は/日時計/冬あたたか/富沢秀雄

タイトルとURLをコピーしました